ホーム > 食べる > 料理の知恵袋 > 煮るって簡単!


煮るって簡単!

煮るって簡単!

野菜の煮物は、大きさを切りそろえることが大切です

野菜を煮物にすると、煮くずれしてしまうことがあります。それはやわらかい野菜を強く加熱して、煮汁の中で動いてしまうことが原因。そこに気をつければ、煮くずれの悩みは解決できます。

ポイントは、野菜の大きさをそろえて切ること。こうして鍋の底にきちんと並べておくと、煮汁の中で暴れることなく、加熱ムラも防げるので煮くずれしません。野菜は皮の境目からくずれやすいため、面取り(切り口の角を薄くそぎ取る)をすることも大切です。今回取り上げたかぼちゃは皮がかたいので、煮るときには皮を下にして鍋に並べましょう。

おすすめメニュー

かぼちゃの含め煮

いつもの煮物を味わいランクアップ

かぼちゃの含め煮

かぼちゃのいとこ煮

かたい小豆から順に煮てほっくりと素朴な味わいに

かぼちゃのいとこ煮

かぼちゃのそぼろ煮

鶏挽き肉のあんをかけて ボリューム満点に

かぼちゃのそぼろ煮

いもたこなんきん

里いも、たこ、かぼちゃのゴールデントリオ

いもたこなんきん

かぼちゃのゆず煮

かぼちゃの甘味と柚子の香りがよく合う

かぼちゃのゆず煮

魚の煮つけは強火をキープして一気に仕上げましょう

煮ているうちに身がくずれたり、皮がむけたりしがちな魚の煮つけ。煮くずれがいやだからと、弱火で煮つけていませんか?実はこれが大きな勘違い。魚は強火で一気に煮ることがポイントなのです。

おいしく仕上げるには、煮汁を火にかけ、煮立ったところで魚を入れて強火をキープしたまま煮つけること。魚は全般的に加熱に弱い食材ですが、表面をすばやく加熱してかためれば、煮くずれを防ぎながら身をふっくらと仕上げることができます。皮目に切り目(×印など)を入れておくと皮むけも防げます。煮汁を全体に行き渡らせるために、落とし蓋をするのもお忘れなく。

おすすめメニュー

鯛の煮つけ

ふっくらジューシー、おいしさ見違える

鯛の煮つけ

ぶりのみぞれ煮

ぶりのうま味
引き立つアレンジ

ぶりのみぞれ煮

たらのみそ煮込み

寒い日にじっくり
味わいたい素朴な味

たらのみそ煮込み

たらのオリーブオイル煮

オイルとともに調理し
コクをプラス

たらのオリーブオイル煮

さばの香味みそ煮

さばのおいしさが
しみわたる一品

さばの香味みそ煮

お肉は炒めてから煮ると手早くおいしく仕上がります

お肉を煮る場合、主に「たっぷりの水で時間をかけて煮る方法」と「炒り煮や揚げ煮でサッと煮からめる方法」があります。ご家庭では手早く仕上がって煮くずれの心配のない「炒り煮」が便利ですので、まずはこれをマスターしておきましょう。

「炒り煮」とは、少量の油で炒めて食材の水分を飛ばしておき、調味料を加えて味をつける調理法。今回は手羽先を使いましたが、火通りを良くするために切り目を入れるなど、下処理をきちんとしておくことがポイントです。長ねぎ、にんにく、しょうがなど香味野菜といっしょに炒めれば、より風味良く仕上がりますよ。

おすすめメニュー

手羽先の炒り煮

鶏肉のうま味たっぷり、野菜もおいしい

手羽先の炒り煮

豚バラ大根煮

うま味のしみた
大根が主役

豚バラ大根煮

白菜と鶏手羽先の煮物

鶏のうま味で、白菜を
たっぷりおいしく

白菜と鶏手羽先の煮物

鶏肉とじゃがいものトマト煮

パンにもご飯にも、
ワインにも合う

鶏肉とじゃがいもの
トマト煮

牛モモ肉のワイン煮

じっくり煮込んだ、
大人の贅沢

牛モモ肉のワイン煮