ホーム > 食べる > 料理の知恵袋 > おすすめ!レシピ


おすすめ!レシピ

今月のおすすめ!レシピ
今、甘酒に夢中!

江戸時代には、夏バテ対策に「甘酒」を飲んでいた?!

今ではすっかり冬の飲み物というイメージが定着している甘酒ですが、江戸時代には夏に冷たい甘酒を飲むのが庶民の楽しみでした。エアコンも扇風機もないこの時代、江戸の町では暑さで体調を崩す人が多かったのだそうです。そのため、水分、塩分、糖分を一度に補給できる甘酒は、夏バテを防ぐおいしい「栄養ドリンク」として大活躍。天秤棒をかついで歩く甘酒売りの姿は、江戸の夏の風物詩でもありました。


今また、注目を集めはじめた昔ながらの「甘酒」。

古くから夏バテ対策として飲まれてきた理由。それは、甘酒に含まれる栄養にあります。酒粕や米麹から作られる甘酒には、ブドウ糖、必須アミノ酸、ビタミン類など、カラダに良い成分がたっぷり。これらが栄養剤としての点滴とほぼ同じ成分であることから、「飲む点滴」ともいわれているのです。

今、日本伝統の発酵食品が見直されつつあり、甘酒もあらためて注目されています。暑さがピークを迎えるこの時季、冷たい甘酒や甘酒を使ったメニューで夏バテしらずの毎日を過ごしませんか。

甘酒と梨のスムージー

すっきり爽やか、フルーツとの相性も抜群

甘酒と梨のスムージー

甘酒の変わりゼリー

クセのない、ほのかな甘味の和スイーツ

甘酒の変わりゼリー