ホーム > 食べる > 旬の食材 > メロン


メロン

メロンはほぼ一年ありますが、やはりおいしいのは晩春から夏にかけてです。4〜6月にかけて九州・関東のメロンが出荷され、7〜8月にかけて東北・北海道のものが出回ります。この期間、種類も豊富なので、いろいろなメロンを楽しまれてはいかがでしょうか。
メロンの歴史は古く、古代エジプトではすでに栽培されていました。食欲が減退しやすい暑い季節には、食べやすいメロンでビタミン類を補給するのもよい方法ですね。

選び方

丸い形に凸凹がなく、花落ち(つるのない方)の小さいものが良いものです。また香りも甘みも熟度に左右されますので、食べ時を逃がさないようにしてください。

料理

売場で販売しているメロンは、ほぼ「食べ頃」の状態です。
生ものですので、なるべく早めに召し上がる事をおすすめします。食べ頃を過ぎますと、熟しすぎて苦味や酸味が感じられ、本来のメロンの食味が損なわれる事もございます。
風通しの良い場所で保存し、召し上がる2〜3時間前に冷蔵庫に入れて冷すと美味しく召し上がれます。

栄養

ビタミンCが多く、疲労回復や肌の健康維持に効果があります。とくに太陽の紫外線による日焼けは、肌にかなりのダメージを与え、しみやそばかす、くすみ、肌荒れ、小じわなどの原因になります。日焼けによるダメージを和らげるためには、「お肌のビタミン」と言われるビタミンCを補給するのが効果的です。
また、うなぎなどコラーゲンを含んだ食品とビタミンCをいっしょにとると、よりコラーゲンを吸収しやすくなり、お肌に大変よいそうです。ぜひ試してみてはいかがでしょう!