ホーム > 食べる > 旬の食材 > かに


かに

冷たい北の海を好み、その大きさやおいしさから「北海の宝」ともいわれる「たらばがに」。タラのとれる漁場(タラ場)でとれるので、この名がついたとも。
「ずわいがに」は、島根県より北の日本海側の地域で多くとれ、特に冬場のものは最高の美味とされます。

選び方

重量感があって脚やはさみがしっかりと付き、甲羅の裏側が黒く変色していないものを選びましょう。
冷凍の場合はしっかりと凍って、霜などが付いていないものを。

下処理

料理

焼く、蒸す、などで「かに」そのものを味わうものから、鍋物、炊き込みご飯、グラタン、サラダ炒め物など和、洋、中さまざまな料理で。

栄養

低脂肪で糖質や脂質の代謝を助けるナイアシンなどを含みます。「ずわいがに」には、他の「かに」よりもカルシウムが多く含まれます。