ホーム > 食べる > 旬の食材 > ぶり


ぶり

成長とともに名前を変える、縁起の良い出世魚

「ぶり」の名前の由来はいろいろ。脂がのっていることから『あぶら→ぶら→ぶり』になったという説や、身がブリブリしているからという説、雪の降る頃によく獲れることから『降りの魚』が語源となったという説も。また、師走(12月)の頃においしくなることから『魚へん』に『師』と書いて「鰤(ぶり)」という字になったともいわれています。
出世魚で縁起の良い「ぶり」は、お正月などの伝統行事にも使われてきました。大みそかの晩のお膳に上げる魚を『年取り魚』といいますが、西日本でこれに用いられるのがおもに「ぶり」。江戸時代の加賀前田家では初代利家の頃から、年取り魚としてお歳暮に「ぶり」を贈る習慣があったそうです。

選び方

切り身の場合は、皮に光沢があって血合いの色が鮮やかなもの。身割れがなく、切り口がなめらかで弾力のあるものを選びましょう。

料理

刺身、しゃぶしゃぶ、塩焼き、照り焼き、煮つけ、揚げ物など、幅広い料理で冬の食卓を彩ります。出世魚で縁起が良いことから、お正月の雑煮などにも使われます。

栄養

不飽和脂肪酸であるDHA、EPA、抗酸化作用が期待されるビタミンEが含まれます。血合いの部分にはうま味成分のタウリンも含みます。

料理の基本辞典