ホーム > 食べる > 旬の食材 > たら


たら

洋食や中華にも合わせやすい、
上品な味わいの「たら」

魚へんに雪と書いて「鱈(たら)」。雪が降る頃においしくなることや、身が雪のように白いことから、この漢字になったとされています。一般的に「たら」といえば「真だら」のこと。あっさりとした上品な味わいの身はもちろん、オスの白子(精巣)も大変美味で、鍋物、蒸し物、天ぷらなどの幅広いお料理で楽しめる食材です。 「たら」は成長すると1m以上にもなる大型魚。大きな口を開けて何でもたくさん食べるので、日本では昔から「大口魚」とも呼ばれていました。その食欲旺盛な性格から、お腹いっぱい食べるという意味の「たらふく」に「鱈腹」という字が当てられたのだそうです。

選び方

切り身の場合は、皮が黒く、身が透明感のあるピンク色で、ハリのあるものを。肉質がやわらかく身割れしやすいので、扱いに気をつけましょう。

下処理

料理

あっさりとした淡泊な味わいで、チーズやみそとの相性がよく、蒸し物、鍋物、シチュー、グラタン、みそ漬け、ホイル焼き、フライなど、さまざまな料理に向いています。なかでも昆布との相性がよく、繊細なおいしさが楽しめます。

栄養

良質なたんぱく質を含みます。魚の中ではカロリーや脂肪が少なく、また、消化のよい胃腸にやさしい食材です。