ホーム > 食べる > 旬の食材 > 春の柑橘類


春の柑橘類

デコポン

品種名は「不知火(しらぬひ)」。その中で熊本県果実農業協同組合連合会を経由した糖度13度以上、酸度1度以下のものだけが「デコポン」として出荷されます。頭部が盛りあがった独特の形が特長で、強い甘味、ほどよい酸味があります。

せとか

食味や香りのよい柑橘をかけあわせ、いいとこ取りで生まれた新品種です。比較的大玉で果肉がやわらかく、果汁もたっぷり。コクのある甘味とやさしい酸味、上品でジューシーな味わいを楽しめます。

はるか

「日向夏(ひゅうがなつ)」の種から生まれた新品種。レモンのような皮の色をしていますが、酸味はほとんどなく、爽やかで上品な甘さを楽しめます。お尻にリング状のくぼみがあるのが目印です。

清見オレンジ

温州みかんとオレンジをかけあわせたもので、「デコポン」や「せとか」など多くの新品種の親となった優秀な品種です。果肉はやわらかくジューシー、オレンジの香りとまろやかな甘さを持ちます。

オ ア

地中海沿岸で太陽をたっぷり浴びて育った、イスラエル産の「オア」。2011年に輸入解禁され、日本に上陸したばかりの新顔フルーツです。とても糖度が高く、桃やパイナップルのような後味が特長です。