ホーム > 食べる > 旬の食材 > かつお


かつお

あっさりと上品な味わい
江戸っ子も愛した「初がつお」

日本列島に沿っておもに太平洋岸を回遊している「かつお」。おいしい旬が1年に2回あり、初夏に黒潮にのって北上するものを「初がつお」、秋にUターンして南下するものを「戻りがつお」といいます。
江戸時代、粋でいなせな江戸っ子たちに大人気だったのが、この時季の「初がつお」です。当時、初物にはほかの食べ物にはない生気がみなぎっており、食べると寿命が75日のびるとされていました。そのため『女房を質に入れても初がつお』といわれるほど、「初がつお」は大変珍重されたのだそうです。

選び方

節におろしたものや切り身は、赤身の色が鮮やかで身のしまったものを選びましょう。

料理

初夏のかつおはあっさりとした味わいで、刺身やたたき、焼き物、煮物、揚げ物など、さまざまな料理に使えます。香味の強いものと相性がよい魚なので、刺身やたたきには、しょうがのすりおろしや、にんにくの薄切りを添えていただきましょう。また、しょうがと一緒に佃煮風に煮たり、しょうゆ、酒、みりんを合わせたタレに漬けて照り焼き風に焼いていただくのもおすすめです。

栄養

高たんぱく・低脂肪の食材です。血合いの部分には、赤血球の生成を助ける働きがあるビタミンB12を含みます。