ホーム > 食べる > 旬の食材 > 


梨

口の中でみずみずしく広がる
上品な甘味を楽しんで

「梨」は大きく分けて「日本梨(和梨)」「中国梨」「西洋梨」の3種類があり、日本の夏を彩る果物といえば「日本梨(和梨)」が一般的です。「梨」は弥生時代にはすでに食べられていたとされる、日本でもっとも古い果物のひとつ。江戸時代になると全国各地で栽培が盛んにおこなわれ、品種改良もすすみました。
「日本梨(和梨)」の特徴はシャリシャリとした独特の食感と、成分の約90%が水分というみずみずしさ。代表的な品種には、8月中旬頃に出まわる「幸水」、8月下旬から9月にかけての「豊水」、9月以降に出荷される「あきづき」「新高」などがあります。

選び方

果皮にハリがあり、傷がなく、ずっしりと重いものを選びましょう。表面がザラザラとしていて、色づきにムラがあるものは、太陽をいっぱい浴びて育った証拠。果汁たっぷりで甘味が強く、豊かな味わいが楽しめます。

栄養

成分の約90%が水分という、みずみずしさが魅力。この季節の水分補給にもおすすめです。また、ショ糖・果糖・クエン酸・リンゴ酸も含みます。

保存

保存袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存。時間が経つほどみずみずしさが失われるので、できるだけ早めに食べきりましょう。