ホーム > 食べる > 食の歳時記 > 春の食材を五色で楽しむ和食


春の食材を五色で楽しむ和食

春の食材を五色で楽しむ和食

和食の献立は五味(甘味・酸味・塩味・苦味・辛味)、五法(生・煮る・焼く・蒸す・揚げる)、五色(赤・白・黄・青・黒)が基本。
これをヒントに味付け・調理法・食材の色を考えれば、味わいも見た目もバランスのよい献立になります。
この時季は出回り始めた春の素材を使い、華やかな「五色」の献立に仕上げましょう。

赤
まぐろのおろし和え

生の鮮度と色を生かすのは和食独自の技

まぐろのおろし和え

緑
菜の花のからし和え

さっと火を通し野菜の淡い色味をそのままに

菜の花のからし和え

黄
新じゃがいものかき揚げ

2種の素材を組み合わせ味と色を引き立て合う

新じゃがいものかき揚げ

黒
わかめのすり流し

だし汁の透明感が素材の色を際立たせる

わかめのすり流し

白
しらすご飯

白いご飯はどんな具材も合う主食

しらすご飯