ホーム > 食べる > 食の歳時記 > 乾物辞典 切り干し大根


乾物辞典 切り干し大根

乾物辞典 切り干し大根

大根のうま味が凝縮した、日本伝統の保存食。

 秋頃に収穫した大根を細かく切り、冬のやわらかな陽差しと冷たい風にさらして乾燥させたものが「切り干し大根」。冬の間に作られ、寒さが厳しいほど良質な製品になるといわれています。太陽の光を浴びることで大根の甘味・うま味、栄養がぎゅっと凝縮。生の大根とはまた違う独特の風味と食感が楽しめます。
 大根の切り方や太さ、製法によって種類はさまざま。生のまま干した「切り干し大根」が最も一般的ですが、ゆでてから干したもの、蒸してから干したものなどもあります。

切り干し大根の種類

切り干し大根のカレー風味炒め

洋風の味つけで、乾物をおいしくアレンジ

切り干し大根のカレー風味炒め