ホーム > 食べる > 料理の知恵袋 > お肉の教科書 > 牛肉


牛肉

牛肉

うま味、香り、やわらかさと三拍子そろった牛肉。特に国産和牛は肥育に大変な手間がかかり、「今日はごちそう」という日にふさわしい特別な食材です。部位ごとにおすすめレシピをご紹介しています。

牛肉の部位

鶏肉の部位
肩ロース

背中の肉のうち、肩に近い部分。やや筋が多いものの、脂肪が適度についていて、味は濃厚。
薄切りにしてすき焼き、しゃぶしゃぶなどに。

【肩ロースを使ったレシピ】

トマトとバジルの洋風すき焼き

ちょっといいお肉を使って贅沢に

トマトとバジルの洋風すき焼き

無水肉じゃが

うま味がしみた、コクのある味

無水肉じゃが

リブロース

背中の肉のうち、背中側の部分。きめが細かく、やわらかい肉質なので、肉そのものの味を楽しむローストビーフ、ステーキなどに。

サーロイン

サー(sir)の称号をもつ最高部位。網目のような脂肪と赤身の絶妙なバランスでステーキに最適。他にローストビーフやすき焼きにも。

サーロイン

背中からおしりにかけての部分。やわらかい肉質で風味が良く、ステーキやたたき、ローストビーフなどに。

ヒレ(テンダーロイン)

サーロインの内側にあり、1頭から左右1本ずつしかとれない貴重な部位。どの部位よりもやわらかく脂肪が少ない。ステーキやカツレツなどに。

【ヒレ(テンダーロイン)を使ったレシピ】
牛ヒレ肉のステーキ

シンプルなステーキを個性的なソースで

牛ヒレ肉のステーキ

肩バラ

ろっ骨まわりの肉で、肩に近い部分。脂肪と赤身が層になったいわゆる三枚肉で、濃厚なうま味がある。
カレーなどの煮込みや焼肉に。

バラ肉

ろっ骨まわりの肉で、腹に近い部分。肩バラと同様の三枚肉で、脂肪が多い分、濃厚なうま味がある。焼肉ではカルビとも呼ばれる。

【バラ肉を使ったレシピ】さつま姫牛の焼肉

口あたりまろやかなお肉の味に大満足!

さつま姫牛の焼肉

内モモ

赤身で脂肪が少なく、あっさりとした味わい。かたまりならステーキやローストビーフに。薄切りなら焼肉や炒め物に。

【内モモを使ったレシピ】お手軽和風ローストビーフ

加熱むらがなく仕上がりしっとり

お手軽和風ローストビーフ

外モモ

最も使われる筋肉なので、ややかためながら、しっかりとしたうま味がある。薄切りなら炒め物に。
煮込みや、ハンバーグなどの挽き肉料理にも。

【外モモを使ったレシピ】
牛モモ肉のワイン煮

じっくり煮込んだ、大人の贅沢

牛モモ肉のワイン煮

調理のコツ!

●調理するのは常温にもどしてから

肉が冷たいと、表面だけに火が入り、中まで加熱できません。調理の約30分前に冷蔵室から取りだしておきましょう。

安心・安全・おいしい ダイエーの黒毛和牛 さつま姫牛

一頭一頭愛情をこめて育てられた牛肉は、とろけるようなおいしさです

「さつま姫牛」は、発売10年目を迎えるダイエーのオリジナルブランド。
「日本食肉格付協会」が定める肉質等級3等以上の黒毛和牛で、雌(めす)牛に限定して生産されたこだわりの牛肉です。
ストレスのない快適な環境で大切に育てられた「さつま姫牛」は、抗生物質・合成抗菌剤・農薬・放射性物質なども定期的に厳しくチェック。

安心・安全なのはもちろん、きめ細やかな肉質の、しっとりとしたまろやかな口当たりが魅力です。

抗生物質・合成抗菌剤を使用せず、健康に育てた鶏肉です

2010年より6年連続で『フード・アクション・ニッポン アワード』を受賞

ダイエーが肉の自社生産をはじめたのは40年以上前。以来、直営牧場「鹿児島サンライズファーム」と預託農家において、餌の配合や肥育方法、環境の管理など、全農家が当社指定の管理プログラムにより、安心・安全・おいしい牛肉の生産に取り組み続けています。この生産から販売までの一貫管理システムが評価され、食料自給率向上に貢献した事業者に贈られる『フード・アクション・ニッポン アワード』を6年連続で受賞しました。

さつま姫牛ラインナップ

さつま姫牛ラインナップ

おすすめレシピ

塩ねぎすき焼き

あっさり食べられる、夏のごちそう

塩ねぎすき焼き

ビーフストロガノフ風

本格的な味わいで、父の日にもおすすめ

【WEB限定レシピ】
ビーフストロガノフ風

バックナンバー