企業情報ホーム > ニュースリリース > 2018年ニュースリリース


ニュースリリース

2018年2月7日

「南海トラフ地震」発生に備えた防災意識啓発イベント
ダイエー『防災キャンペーン』の開催について

ダイエーは、政府よりその発生の可能性についてアナウンスされている「南海トラフ地震」を想定し、大規模震災発生に備えることの重要性や発生時の対応について、お客さまにお伝えする啓発イベントとして、2018年2月9日(金)に「ダイエー田辺SC店(和歌山県田辺市)」にて、『防災キャンペーン』を開催しますので、お知らせいたします。

    (写真はイメージです)
防災キャンペーン   防災キャンペーン

ダイエーでは、地域にお住まいの方々のライフラインの一翼を担う小売業として、大規模震災などの非常事態に備えた定期的な訓練や、行政との災害時協力協定の締結、防災用品の販売訴求などを実施しております。こうした普段からの備えにより、1995年の阪神・淡路大震災や2011年の東日本大震災の発生時に、いち早い店舗営業の再開やそのための商品手配、緊急支援物資の供給などを通じて、地域のライフラインの早期復旧に寄与できたと考えております。

和歌山県内に7店舗を展開している当社は、今回のキャンペーンを通じて、「南海トラフ地震」発生の際に大きな被害が懸念される和歌山県の皆さまに対して、日頃からの対策や有事の際の注意などについて、理解を深めていただきたいと考えております。

キャンペーンでは、田辺市、KDDI株式会社、イオングループ各社と協力し、防災の心構えや事前準備に関するセミナーや、災害発生時に役立つ設備の紹介などを実施します。

ダイエーは、これからも、創業の理念である「For the Customers」の精神に則り、イオングループの一員として地域にお住まいの方々の安全・安心に努めてまいります。

1.開催日 2018年2月9日(金)13時~17時
 
2.開催店舗 ダイエー田辺SC店
 
3.内容  
  (1)防災啓発セミナー
    ①実施時間 2月9日(金)13時30分~14時30分
    ②実施場所 1階イートインコーナー横 特設コーナー
    ③内容 田辺市防災まちづくり課の方をお招きし、震災や津波発生時の心構えや日常からの備えなどに関する講演
      イオントップバリュ株式会社より、お客さまに備蓄食料を見直す機会として役立てていただくために、備蓄に適した商品として開発・展開しているトップバリュや、適切な備蓄方法などを紹介
        ※紹介した商品は、売場や特設コーナーでご購入いただけます。
   
  (2)防災啓発展示
    ①実施時間 2月9日(金)9:00~17:00
    ②実施場所 1階イートインコーナー横 特設コーナー
    ③内容 イオントップバリュ株式会社よりローリングストックに関する提案
        ※「ローリングストック」とは、普段利用する缶詰やレトルト食品などを備蓄食料とし、製造日の古いものから使い、使った分は新しく買い足して、常に一定量を備蓄しておくことです。
      KDDI株式会社より災害時に役立つ設備、機器を紹介
   
  (3)災害発生時に役立つ設備の紹介
    ①実施時間 2月9日(金)13時~17時
      ※イオンペット株式会社は13時~16時
    ②実施場所 第3駐車場 特設コーナー
    ③内容 大震災の発生などにより、避難や一時滞在する際に役立つ臨時設備の一部を実際に見学していただけます。
<見学可能な臨時設備> ※( )内は提供会社
  ・バルーンシェルター(イオンディライト株式会社)
  ・ペット用ドクターカー(イオンペット株式会社)
  ・移動ATM車(株式会社イオン銀行)
  ・車載型基地局(KDDI株式会社)

以上