企業情報ホーム > ニュースリリース > 2018年ニュースリリース


ニュースリリース

2018年9月21日

~ 地域最大規模の「食べにいきたい」売場を展開 ~
『イオンフードスタイル港南台店』リニューアルオープンについて

イオンフードスタイル港南台店
イオンフードスタイル港南台店

ダイエーは、2018年9月28日(金)に、「ダイエー港南台店」をリニューアルし、「イオンフードスタイル港南台店」としてオープンしますので、お知らせします。

当社は、首都圏および京阪神地域における事業領域エリアの拡大を目的に、「料理したい」「食べにいきたい」「健康でありたい」とお客さまに思っていただける商品・サービスを充実させた「イオンフードスタイル」業態への積極的な店舗活性化と新規出店を推進しています。

同店は、JR根岸線「港南台駅」から徒歩1分という駅近くに位置しており、1km商圏内に約3万人、1万3千世帯を有しています。特に30~40代、及び60代の居住者が多く、全世帯の約半分を2~3人世帯が占めています。

今回、人気の飲食テナントと約500席に拡大したフードコート「港南台キッチン」を導入し、「食べにいきたい」と思っていただける空間を提供します。また、鮮度や品質にこだわった生鮮食材や、栄養バランスに配慮した弁当など、「料理したい」、「健康でありたい」といったニーズにお応えするための品揃えを強化します。

「イオンフードスタイル港南台店」は、当社の強みである“食”を強化するとともに、地域最大規模のフードコート、バラエティに富んだ専門店を展開することで、館全体として魅力的な店舗に生まれ変わります。

<店舗の主な特徴>

1.地域最大規模のフードコート「港南台キッチン」の展開で「食べにいきたい」空間を提供

1階の座席数を従来の約5倍となる500席に拡大し、ゆっくりと飲食を楽しめる場所を提供。

肉の老舗柿安のフードコート業態「柿安ミートエクスプレス」や神奈川県内初出店の「とんかつ大學」といったテナントを新たに7業態導入し、合計8業態の飲食テナントを展開。

1階の入口近くに通勤前や仕事帰りに気軽に利用できる当社オリジナルのベーカリーコーナー「D’sベーカリー」を導入し、「塩パン」や「紫芋デニッシュ」など約70品目を販売。

 

2.バラエティ豊かな専門店を上層階に展開

家電専門店の「テックランド」(ヤマダ電機)、メンズ・レディス専門店「ウィルクスバシュフォード」、バラエティーショップ「ダイソー」など、暮らしを彩る便利な専門店を新たに展開。

ホットヨガの「LAVA」、簡易フィットネスの「カーブス」といった健康で美しくありたいニーズにお応えする専門店を新たに導入。

 

3.こだわり素材や栄養バランスに配慮した品ぞろえで「料理したい」「健康でありたい」

ニーズにお応え

採れたてで新鮮な神奈川県産野菜を約20品目揃えたほか、オーガニック野菜を約25品目展開。

当社オリジナルの国産黒毛和牛「さつま姫牛」のコーナーでは、お手頃な価格ですき焼きが楽しめる「切落し」に加え、「ロースステーキ用」といった霜降り肉などを展開。

健康志向の高まりを受け、サラダフィッシュやサラダ専用の豆腐、チーズといった「サラダ素材」を集合展開。

カロリーや糖質等、栄養バランスにこだわったヘルス&ウエルネス弁当を約6品目展開。

<店舗概要>

店名(所在地) イオンフードスタイル港南台店(神奈川県横浜市港南区港南台3-1-2)
リニューアルオープン日時 2018年9月28日(金)9時
店長 豊島 英樹(とよしま ひでき)
売場面積(活性化後) 3,949坪(直営 1,856坪、SC 2,093坪)
営業時間
地下1階 8時~22時  
1~2階 9時~22時  
3~4階 10時~21時 ※一部の専門店は営業時間が異なります。
フロア構成
フロア フロア構成
4階 専門店
3階 専門店
2階 衣料品・雑貨、生活用品、専門店 等
1階 フードコート、ベーカリー、花、薬、化粧品、日用消耗品、専門店 等
地下1階 生鮮食品・加工食品・デリカテッセン 等

以上