企業情報ホーム > ニュースリリース > 2019年ニュースリリース


ニュースリリース

2019年7月12日

~ダイエーと昭和女子大学の連携による未来型『スマートストア』の実証実験~
「ウォークスルー決済」実証実験の開始について

ダイエーは、2019年7月22日(月)より、昭和女子大学(理事長・総長 坂東眞理子、東京都世田谷区)と連携し、レジを通すことなくキャッシュレス決済が可能な「ウォークスルー決済」の実証実験を行いますので、お知らせいたします。

当社は、急速に進むデジタル化や少子高齢化などの環境を踏まえ、デジタルを活用した新しい価値をお客さまに提供することで「買い物支援」と「健康支援」を実現するとともに、実店舗における利便性向上に努めています。

<ウォークスルー決済の仕組み>

ウォークスルー決済の仕組み

その一環として、昭和女子大学の協力の下、同大学内に菓子を中心とした売場を設置し、クラスメソッド株式会社(代表取締役 横田聡、東京都千代田区)が開発した「ウォークスルー決済」を活用することで、キャッシュレス決済が可能な運用を実証実験します。「ウォークスルー決済」は売場内に設置されたセンサーとカメラで人の動きを管理し、デジタル陳列棚の重量センサーで手に取った商品を認識することで、商品を持って当該売場から出ると自動的にクレジットカードで決済される仕組みです。そのため、お客さまはスマートフォン専用アプリをかざして入店し、欲しい商品を手に取って退店するだけで、レジ精算やバーコードのセルフスキャンなどの作業を一切行うことなく買い物を完結することが可能です。

当社は、今後もデジタルを積極的に活用することで、お客さまに新たな価値を提供してまいります。

1.実施期間 7月22日(月)から7月31日(水)
 ※土・日曜日は除く
 ※営業時間は10時~17時
2.実施場所 昭和女子大学8号館 1階学生ホール内
3.売場面積 約2坪
4.対象商品 菓子類 約50品目

以上