企業情報ホーム > ニュースリリース > 2009年ニュースリリース


ニュースリリース

2009年4月

〜 ダイエーグループでは、レジ袋の削減に積極的に取り組んでいます 〜
2008年度のレジ袋の無料配布中止に伴い販売した
有料レジ袋の収益金の寄附について

ダイエーグループでは、環境保全の観点から更なるレジ袋の削減を目指し、2008年10月1日の札幌市内5店舗を皮切りに2008年度に36店舗でレジ袋の無料配布を中止しました。それに伴い、お客様のお申し出により食品レジにて販売した有料レジ袋の収益金を、今般、各店舗の所在する自治体が設置する環境保全・社会貢献を目的とした基金に寄附いたしますので、お知らせいたします。

各店舗では、各自治体や市民団体との連携のもとレジ袋の無料配布中止を推進してきたことで、レジ袋無料配布中止前と比べて約50%(約650万枚)のレジ袋の使用量削減を図ることができました。これにより、200リットルのドラム缶 約600本分の原油の使用が抑制され、約213t‐CO2の削減につながっております。

各店舗をご利用いただいているお客様のご理解・ご協力に対し深く感謝を申し上げますとともに、有料レジ袋の2008年度の収益金を各地域の環境・社会貢献活動に役立てていただくために、各自治体に対して寄附させていただくものです。

当社は、政府が地球温暖化防止を目的に推進している国民運動「チーム・マイナス6%」に2005年より参加しております。また、企業の社会的責任が問われる中、環境負荷の低減に積極的かつ継続的に取り組むため、2009年度中のISO14001の認証取得を目指しており、レジ袋の使用量削減を中心に、これからも地球環境に配慮した取り組みを積極的に推進してまいります。

 
【有料レジ袋収益金の寄附について】
概要 2008年度にレジ袋の無料配布を中止したダイエーグループ36店舗における有料レジ袋の収益金を、地域自治体が設置する環境・社会貢献を目的とした基金に対し寄附するもの
寄附金額合計(有料レジ袋収益金額合計)
    2,270,328円 ※2009年4月中に各自治体に寄附いたします
※収益金とは販売価格(1枚あたり5円)から原価を差し引いたものです
対象店舗及び寄附先 等
対象店舗 寄附先自治体及び基金名称 寄付金額
岩見沢店 岩見沢市「ふるさとづくり推進基金」 35,571円
滝川店 滝川市 「そらぷちキッズキャンプ」 17,875円
新さっぽろ店他 札幌市内4店舗 札幌市 「さぽーとほっと基金」 816,041円
上磯店 北斗市 「緑の森づくり基金」 79,458円
グルメシティ湯川店他 函館市内8店舗 函館市 「緑化整備事業」 311,504円
グルメシティ伊達店 伊達市 「食の物語基金」 36,736円
仙台店 仙台市 「環境保全基金」 35,913円
グルメシティ東川口店 川口市 「環境みどり基金」 105,205円
大月店他 山梨県内2店舗 山梨県 「環境保全基金」 164,713円
御殿場店 御殿場市「一般廃棄物の減量等推進基金」 47,066円
名古屋東店他 名古屋市内3店舗 名古屋市「レジ袋有料化還元基金」 482,173円
竜野店 たつの市「ふるさと応援寄附」 61,819円
和歌山店他 和歌山県内6店舗 和歌山県「地域環境保全基金」 76,254円
  合計 36店舗   13自治体 2,270,328円

以上