企業情報ホーム > ニュースリリース > 2013年ニュースリリース


ニュースリリース

2013年9月

〜“CO2排出量の削減”と“資源の有効活用”をめざして〜
レジ袋の無料配布中止店舗の全店拡大について

ダイエーグループでは、CO2排出量の削減と資源の有効活用の実現をめざして、2013年11月1日(金)からダイエー、グルメシティの261店舗において、食品レジでのレジ袋の無料配布中止を開始し、全293店舗へ拡大することになりましたので、お知らせします。

当社は、1990年に「お買物袋持参運動」をスタートして以降、当社エコバッグやオリジナルマイバスケットの販売などを通じて、お客様のご理解をいただきながら、レジ袋使用枚数の削減に努めてまいりました。その結果、昨今の環境保全への意識の高まりを背景に、当社の年間レジ袋使用枚数は3年間で10%以上の削減を実現し、また、既にレジ袋の無料提供を中止している店舗では、マイバッグ持参率が約84%(13年8月度時点)まで上がっています。

今後は、全店平均で約33%(13年8月度末時点)のレジ袋辞退率を今年度末には約80%まで拡大することをめざし、お客様とともに環境保全活動に積極的に取り組んでまいります。

なお、有料で提供するレジ袋の収益金は、地域自治体等と連携しながら、環境保全活動に役立ててまいります。

1. 開始日 2013年11月1日(金)
 
2. 拡大対象店舗 ダイエー、グルメシティの261店舗
    1979年からレジ袋の無料提供をしていないビック・エーを 含めて、ダイエーグループ((株)ダイエー、(株)グルメシティ関東、(株)グルメシティ近畿、(株)ビッグ・エー、(株)ビッグ・エー関西) の全477店舗に拡大
 
3. 内 容 各店舗の食品レジで2Lサイズ1枚3円、3Lサイズ1枚5円で販売
 
4. 環境保全効果 グループ合計で年間約1億778万枚のレジ袋使用抑制が見込まれることにより、
(見込み) ?年間約1万7千トンのCO2排出量削減
?年間約5,223トンの天然資源(原油)使用の抑制
につながることが想定されます。

以上