ホーム > 食べる > 料理の知恵袋 > 料理の鉄則 > おいしいたまご料理の鉄則


おいしいたまご料理の鉄則

新しい季節を元気にはじめるために朝食はしっかり食べたいもの。今回は朝食には欠かせないたまご料理のおさらいです。

おいしいプレーンオムレツの作り方

材料(1人分)

卵2個/牛乳大さじ1/塩・こしょう各適量/バター10g/サラダ油適量

下準備

卵は常温に。冷蔵庫で冷えたものは室温に30分ほどおくか、ぬるま湯につけておく。

フライパンは直径18〜20cmのものが作りやすい。

1卵は軽く溶いて牛乳と混ぜ、塩こしょうする。

鉄則!

卵は溶きすぎないこと。溶きすぎると弾力がなくなってしまう。

2フライパンは強火でよく熱し、サラダ油を多めに入れて全体になじませ、余分な油を取り除いてからバターを入れて溶かす。

3卵液を一気に加え、ふちが固まってきたら全体を大きくかき混ぜながら半熟状にする。

鉄則!

強火で手早く!

4火からはずしてフライパンの手前を持ち上げて、斜めにし、焼けた卵を向こう側へ寄せて半月形にする。

5フライパンを斜めにしたまま手前を菜箸でトントンたたいて卵を回転させ、木の葉形に仕上げる。

6とじ目を下にして盛り付ける。

応用編

たまご料理のおさらい

目玉焼きのポイント

1.常温にもどした卵を容器に割っておく。

フライパンに静かに入れることが出来るので油はねせず、卵の殻が入っても取り出せます。

2.熱したフライパンにサラダ油をなじませて弱火〜中火で焼き、白身がかたまってきたら卵にかけないように水大さじ1〜2をまわし入れ、蓋をして弱火で蒸し焼きにし、好みで塩、こしょうを振る。

半熟:約1分

固焼き:約3分

ゆで卵のポイント

1.鍋に卵とかぶるくらいの水を入れて強火にかける。

常温にもどした卵を水からゆでるのが、ひび割れしないコツ

2.グラグラと沸騰しはじめてから

約4分ゆでる…半熟

約10分ゆでる…固ゆで

3.水に取って冷ましてから殻をむく。

急速に冷ますことで、殻がむきやすくなります。

※ゆでている途中でひび割れした時は、酢や塩を少量入れることで中身の流出を抑えることができます。