ホーム > 食べる > 料理の知恵袋 > 料理の基本辞典 > 牛肉の部位


牛肉の部位

1肩ロース
背中の肉のうち、肩に近い部分。やや筋が多いものの、脂肪が適度についていて、味は濃厚。薄切りにしてすき焼き、しゃぶしゃぶなどに。
2リブロース
背中の肉のうち、背中側の部分。きめが細かく、やわらかい肉質なので、肉そのものの味を楽しむローストビーフ、ステーキなどに。
3サーロイン
サー(sir)の称号をもつ最高部位。網目のような脂肪と赤身の絶妙なバランスでステーキに最適。他にローストビーフやすき焼きにも。
4ランプ
背中からおしりにかけての部分。やわらかい肉質で風味が良く、ステーキやたたき、ローストビーフなどに。
5ヒレ(テンダーロイン)
サーロインの内側にあり、1頭から左右1本ずつしかとれない貴重な部位。どの部位よりもやわらかく脂肪が少ない。ステーキやカツレツなどに。
6肩バラ
ろっ骨まわりの肉で、肩に近い部分。脂肪と赤身が層になったいわゆる三枚肉で、濃厚なうま味があります。カレーなどの煮込みや焼肉に。
7バラ肉
ろっ骨まわりの肉で、腹に近い部分。肩バラと同様の三枚肉で、脂肪が多い分、濃厚なうま味があります。焼肉ではカルビとも呼ばれます。
8内モモ
赤身で脂肪が少なく、あっさりとした味わい。かたまりならステーキやローストビーフに。薄切りなら焼肉や炒め物に。
9外モモ
最も使われる筋肉なので、ややかためながら、しっかりとしたうま味があります。薄切りなら炒め物に。煮込みや、ハンバーグなどの挽き肉料理にも。

【調理のコツ!】

●調理するのは常温にもどしてから

肉が冷たいと、表面だけに火が入り、中まで加熱できません。
調理の約30分前に冷蔵室から取りだしておきましょう。

  • 野菜
  • 果物
  • 魚介
  • お肉
  • その他