ホーム > 食べる > 料理の知恵袋 > 料理の基本辞典 > 豚肉の部位・下処理


豚肉の部位・下処理

1肩ロース
肩の上の部分の肉で、肉質はややかため。ほどよい脂肪があり、うま味も濃いのが特長です。かたまり肉は煮込みや焼き豚に、薄切り肉は炒め物やしょうが焼きなどに。
2ロース
肩ロースに続く背中の肉。適度な脂肪がうま味となり、やわらかくて風味も良い部位です。かたまり肉はローストポークなどに、1cm厚さの肉はとんかつなどに。薄切り肉は炒め物やしゃぶしゃぶなど幅広い料理に。
3ヒレ
ロースの内側にあり、最もやわらかく、きめが細かい部位。脂肪が少なく淡泊な味わいです。とんかつやポークステーキなどに向きます。
4バラ
胸や腹にあたる部位。特有のうま味とコク、香りがあります。赤身と脂肪が層になっていることから、三枚肉と呼ばれることも。かたまり肉は角煮やカレーなどの煮込みに。薄切り肉は炒め物や煮物などに。
5もも
よく動かす筋肉が集まったところ。赤身が多くて脂肪はあまりありません。肉質はやわらかで、淡泊な味わいなので、さまざまな料理に使えます。かたまり肉は焼き豚やゆで豚などに。

【その他の部位】

●レバー … 牛レバーよりもクセが少なく、独特の食感を持ちます。

●豚足 … ゼラチン質が豊富で、煮込むとトロトロの食感になります。

●耳 … 軟骨を含んでいて、コリコリとした食感が楽しめます。

●ホルモン … 大腸や小腸。肉質はやわらかく、脂肪に富んでいます。

●スペアリブ … ろっ骨まわりのバラ肉を、骨ごと切り分けたもの。肉と骨から出るうま味が両方味わえます。

【下処理でもっとおいしく!】

●筋を切る

厚みのある肉をソテーするときは、焼き縮みを防ぐための筋切りを。脂身と赤身の境目に包丁の刃先を入れ、3〜4ヵ所に切り目を入れます。

●たたいてやわらかくする

とんかつやソテー用には、肉全体を包丁で軽くたたいてやわらかくします。たたきすぎると肉が切れてしまうので注意。

●細切りにする

薄切り肉を細切りにするときは、はじめに長さを3〜4等分に切り、肉の繊維と平行に切るとちぎれません。

  • 野菜
  • 果物
  • 魚介
  • お肉
  • その他