ホーム > 食べる > 料理の知恵袋 > 料理の基本辞典 > トマト、なす、きゅうりの保存方法


トマト、なす、きゅうりの保存方法

いずれも常温で保存が可能ですが、2〜3日中には食べきりましょう。野菜も生きているので、快適な気温のもとでは代謝が活発になり、蓄えられた成分の消耗が激しくなります。気温が高くなる時期には特に注意しましょう。

トマト

未熟なものは室内の涼しいところで追熟、赤くなったものは保存袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存。

なす

1本ずつラップで包んで乾燥を防ぎ、室内の涼しいところか冷蔵庫の野菜室で冷気が直接当たらないように保存し、2〜3日で使いきりましょう。5℃以下での保存は避けましょう。

きゅうり

水気に弱いので、表面に水分が付いている場合はふき取ってキッチンペーパーなどに包み、なり口を上にして立てて冷蔵庫の野菜室で冷気が直接当たらないように保存。ポリ袋などで密閉すると、きゅうりから出た水分が再びきゅうりの表面についてしまうので、ポリ袋の口は開けておくこと。4〜5日で食べきりましょう。

  • 野菜
  • 果物
  • 魚介
  • お肉
  • その他