ホーム > 食べる > 料理の知恵袋 > 料理の基本辞典 > たけのこの部位別 切り方・調理法


たけのこの部位別 切り方・調理法

部位によって切り方を変えて、食感良く仕上げましょう。

※一般的なたけのこ「孟宗竹(もうそうちく)」の場合

姫皮

先端を切り落とし、外皮を除いた内側の白くやわらかい部分。酢の物や和え物などに向いています。

穂先

先端に近い、やわらかい部分。最もおいしいといわれるところで、酢の物や和え物、炊き込みご飯などに合います。

中央部

ほどよい歯ごたえのある部分。若竹煮などの煮物や炊き込みご飯、和え物、焼き物、天ぷらなど、幅広い調理法に合います。

根元

繊維が多くてかたいものの、たけのこらしい味わいが楽しめる部分。繊維を切るように薄切りやせん切り、すりおろしなどの工夫をして使います。煮物、炒め物、揚げ物などに向いています。

せん切り

包丁を軽く入れて切れる部分だけを使います。

くし形切り

穂先と中央部は、まとめて切ると調理しやすいです。

輪切り・半月切り

輪切りにする場合はかくし包丁を入れると食べやすいです。

細切り

  • 野菜
  • 果物
  • 魚介
  • お肉
  • その他