ホーム > 食べる > 安心・安全へのこだわり > 牛肉個体識別番号 > 国産牛肉の生産流通履歴管理システム


国産牛肉の生産流通履歴管理システム

国産牛肉の「安全・安心」(生産流通履歴管理システム)

牛の出生からお店で陳列されるまでの生産流通履歴情報(牛肉のトレーサビリティー)がインターネットで確認できます。

子牛が生まれると

国内で生まれたすべての牛に10桁の「個体識別番号」が装着されます。この番号はお客様のお手元に届くまで一貫して管理されます。(いつ生まれ、どこで育ったのか確認できます)

食肉センターで加工

農家で育てられた牛は、食肉センターでと畜され食肉用に加工されます。加工されたお肉にも、すべて元の「個体識別番号」が表示されます。

ダイエー各店で加工・陳列

ダイエー各店に納品されたお肉は、店内で加工し店頭に陳列されます。黒毛和牛、国産牛肉のラベルに「個体識別番号」が表示されています。この10桁の番号をお客様がインターネットで検索すると、お買い上げいただいた牛肉の生年月日、性別、品種、飼育地が確認できます。

※現在、インターネットで生産流通履歴を検索できる牛肉は一部店舗に限定されていますが、順次拡大していきます。

※個体識別番号検索の対象外について

・ 輸入牛肉はすべて対象外です。

・ 国産であっても「内臓肉」「切り落し」「カレー肉」「挽肉」「味付加工品」など一部商品は対象外です。