ホーム > 食べる > 旬の食材


旬の食材

食べるトップへ戻る

今月の旬

秋鮭

さば

春は北上、秋は南下しながら、太平洋沿岸を回遊する「さば」。南下をはじめる10〜11月には特に脂がのり、「秋さば」と称されます。

さつまいも じゃがいも 里いも

さつまいも・じゃがいも・里いも

いも類は、収穫の秋を代表する大地の恵み。飽きのこないおいしさで、さまざまなお料理に大活躍です。

バックナンバー

野菜・果物

新じゃがいも
3〜5月頃に出まわる春の味覚、「新じゃがいも」。小ぶりなサイズでころころと丸く、皮がやわらかいのが特徴です。
(2017年3月)
キウイフルーツ
ビタミンCが豊富な「キウイフルーツ」。ニュージーランドの国鳥「キーウィ」に似ていたことからこの名がつけられたとか。
(2009年3月)
春キャベツ
秋に種をまき、春に収穫される「春キャベツ」。甘く、やわらかく、みずみずしい味わいが特徴です。
(2017年4月)
菜の花
ほろ苦い春の味が楽しめる菜の花は、栄養たっぷりの緑黄色野菜です。
(2008年3月)
春の豆
春から初夏にかけて、おいしい旬を迎える豆の仲間たち。独特の歯ごたえと鮮やかな緑色が魅力です。
(2017年2月)
グリーンピース
グリンピースは完熟する前のえんどうのやわらかい豆です。
(2007年3月)
たけのこ
竹かんむりに旬と書いて「筍(たけのこ)」。春の生命力にあふれた、この時季だけのごちそうです。
(2016年4月)
オレンジ・グレープフルーツ
オレンジは、甘く香りもよい、欧米の代表的な柑橘類。グレープフルーツは、果肉の色でホワイト種、ピンク種、ルビー種などがあります。
(2011年4月)
新玉ねぎ
玉ねぎの早生種で、春先に出回るのが新玉ねぎ=Bその独特の甘味とみずみずしさは、春の訪れを知らせてくれる季節の味です。
(2015年4月)
いちご
いちご
真っ赤な実が見た目にも元気をくれるいちご=B新しい品種が続々と登場し、さまざまな味が楽しめます。
(2016年3月)
ミニトマト
赤・黄・オレンジ・緑・紫と種類はさまざま。鮮やかな色で、食卓に春らしい彩りを添えてくれます。
(2016年3月)
トマト
「トマトが赤くなると、医者が青くなる」といわれるほど栄養豊富。一年中出回っていますが、旬のおいしさは格別です。
(2016年5月)

お魚

はまぐり
古くから日本人に親しまれてきた二枚貝のひとつ「はまぐり」は、2月頃から5月頃がもっともおいしい時季です。
(2009年2月)
ほたるいか
美しく光るほたるいかの大群は、富山湾の春の風物詩。生のまま、あるいは釜揚げにして、生姜醤油や山葵醤油で食べるとよいでしょう。
(2009年3月)

美しい色と形、味の良さの三拍子そろった、魚の王様「鯛」。桜が咲く頃の鯛は特に珍重され、「桜鯛」「花見鯛」とも呼ばれます。
(2017年3月)
あじ
味が良いことから、この名がついたといわれる「あじ」。1年中出まわっていますが、4?7月が最もおいしい時季です。
(2017年4月)
あさり
貝類の中でも、日本の食卓に最もなじみ深いのが「あさり」。産卵前のこの時季に身が大きくなり、うま味も栄養も充実します。
(2017年2月)
しらす干
ご飯の友に、お酒の肴に、毎日の食卓で大活躍の「しらす干」。骨まで丸ごと食べられる優れたカルシウム源です。
(2016年4月)
かつお
初夏の頃、黒潮にのって北上していく初がつお=B江戸時代には「寿命が750日のびる」ともてはやされた縁起物でした。
(2016年5月)

野菜・果物

グリーンアスパラガス
グリーンアスパラガス
まっすぐのびた姿が清々しい「グリーンアスパラガス」。シャキシャキと歯ごたえ抜群の初夏の味です。
(2017年5月)
セロリ
セロリ
シャキシャキとした歯ごたえが魅力の「セロリ」。独特のさわやかな香りが、夏らしさを感じさせる野菜です。
(2017年6月)
レタス
レタス
シャキシャキとした食感とみずみずしさが魅力の「レタス」。太陽の光をいっぱい浴びて育った、夏ならではのおいしさです。
(2017年7月)
ロメインレタス
バリバリ、シャキシャキの食感が魅力の「ロメインレタス」。サラダはもちろん、加熱してもおいしい野菜です。
(2016年6月)
メロン
メロンは、ほぼ一年ありますが、やはりおいしいのは晩春から夏にかけてです。
(2007年5月)
らっきょう・新しょうが
らっきょうは、独特の歯ごたえを生かした漬け物として保存するのが一般的。新しょうがは、やわらかい食感とひかえめな辛みが特徴です。
(2011年6月)

初夏を告げる果物のひとつ。フルーティーな香りはとても魅力的。青梅は梅酒などに、熟した黄梅は梅干しなどに加工されます。
(2013年6月)
さくらんぼ
赤く色付いた可愛らしい果実。「桜桃(おうとう)」「赤いルビー」ともいわれる初夏の訪れを告げる代表的な味覚です。
(2014年6月)
アメリカンチェリー
6月から7月のはじめ頃が旬のアメリカンチェリー。さわやかな風味が初夏を感じさせてくれます。
(2013年7月)
そら豆
きれいなひすい色で初夏の食卓を彩るそら豆は、栄養がたっぷり!
(2007年6月)

甘い香りと、果汁たっぷりのとろけるような食感で誰もに愛される初夏の味覚、桃=B
(2014年7月)
とうもろこし
米、小麦と並ぶ、世界三大穀物のひとつ。夏の陽差しを浴びて、ますます甘くおいしくなる季節です。
(2016年7月)
すいか
4月頃から市場に出はじめ、5月からうま味がのってきます。これからの汗ばむ時季にピッタリです。
(2013年5月)
枝豆
冷えたビールによく合う、夏のおつまみの定番。太陽がさんさんと降りそそぐ7月〜9月、「枝豆」は旬を迎えます。
(2017年8月)
きゅうり
95%以上が水分のキュウリは、みずみずしさが恋しくなる夏におすすめ!
(2007年8月)
なす
なすの旬は、6〜9月。秋になるといっそう身が締まってきます。
(2013年8月)

お魚

生銀鮭
初夏のこの時季にしか味わえない、国内産の「生銀鮭」。脂ののりがよく、やわらかな身が特徴です。
(2017年5月)
たこ(真だこ)
本州以南の近海で獲れるものは6月頃から夏の産卵前が最もおいしい時期です。
(2009年6月)
いさき
ほのかな磯の香りが、独特の風味をかもしだす「いさき」。産卵期を迎える5〜6月にかけて、脂がのっておいしくなります。
(2016年6月)
あゆ
「川魚の王様」と呼ばれるあゆは、生活習慣病予防にも効果的。
(2007年6月)
うなぎ
今年の土用の丑は2回。一の丑の7月25日、二の丑の8月6日です。「うなぎ」を楽しむ機会が広がり、ますますうれしい夏ですね。
(2017年7月)
いわし
日本の多くの沿岸部で獲れる、青魚の代表格「いわし」。特に脂がのりはじめる梅雨時のものは「入梅いわし」と呼ばれます。
(2017年6月)
するめいか
ほどよい歯ごたえと独特の甘味が楽しめる「するめいか」。夏から秋にかけて旬を迎え、肉質が最も充実します。
(2016年8月)
たちうお
たちうおの名には、銀色で細長く平たい外観から「太刀魚」、また立ち泳ぎをすることから「立魚」と、二つの由来があります。
(2011年8月)

野菜・果物

ぶどう
世界中で1万種以上の品種が存在するといわれる「ぶどう」。最近では種なしで、皮のまま食べられる品種が人気を集めています。
(2016年9月)

シャリシャリとした食感や、みずみずしい甘味が魅力の「梨」。暑さに疲れた秋のカラダをうるおすのに最適です。
(2016年9月)
きのこ
しいたけ、しめじ、まいたけ、えのきだけ、エリンギ、マッシュルームなど。一年中出まわっている食材ですが、「きのこ」は秋から冬にかけて旬を迎えます。
(2017年9月)
まいたけ
幅広く利用できるまいたけには、肥満予防や美肌効果のある栄養素が一杯!
(2006年9月)
さつまいも・じゃがいも・里いも
さつまいも・じゃがいも・里いも
いも類は、収穫の秋を代表する大地の恵み。飽きのこないおいしさで、さまざまなお料理に大活躍です。
(2017年10月)

柿の渋みのもとはタンニンで、渋柿と呼ばれるのは熟しても渋みが残る種類のものです。甘柿の場合は熟すと渋みを感じなくなります。
(2011年10月)

お魚

さんま
さんま
秋の気配がしてくると、いよいよ「さんま」のおいしい季節。香ばしく焼ける香りが食欲をおおいに刺激します。
(2017年8月)
秋鮭
秋鮭
「秋鮭」「秋味(あきあじ)」と呼ばれる、この時季の鮭。産卵をひかえて脂がのり、格別のおいしさです。
(2017年9月)
さば
さば
春は北上、秋は南下しながら、太平洋沿岸を回遊する「さば」。南下をはじめる10〜11月には特に脂がのり、「秋さば」と称されます。
(2017年10月)

野菜・果物

りんご
味わいや食感のバリエーションが広がったりんご。生食でフレッシュ感を楽しむだけでなく、お菓子や料理などにも使い、旬のおいしさを堪能しましょう。
(2013年12月)
ほうれん草
ほうれん草
冬は寒さで甘みが増し、栄養素も増えると言われています。旬ならではの香りや歯ざわりを楽しみましょう。
(2014年1月)
にんじn
にんじん
一年中出回る野菜。一番おいしいのは冬。赤みが濃い金時にんじんはおせち料理によく用いられます。
(2012年12月)
長ねぎ
長ねぎ(白ねぎ)
長ねぎ(白ねぎ)は土をかぶせて日に当たらないようにして育てたもの。寒い冬に旬を迎え、甘味と風味を増します。
(2015年12月)
みかん
みかん
小ぶりなサイズと、手で皮をむいて食べられる気軽さで、子どもから大人まで人気。日本の冬を代表する果物のひとつと言えるでしょう。
(2013年11月)
ブロッコリー
ブロッコリー
晩秋から冬に、房が大きくなって甘味が増す「ブロッコリー」。栄養価がとても高く、積極的に食べたい野菜です。
(2016年11月)
れんこん
蓮根(れんこん)は蓮の根茎(こんけい)のことです。多くの穴が開いていることから、「見通しがよい」縁起ものとされ、おめでたい席の定番食材でもあります。
(2011年11月)
大根
秋から冬にかけては一段と甘味が増しておいしくなり、食感もみずみずしく、やわらかくなります。
(2015年11月)
白菜
中国では大根、豆腐と共に養生三宝と呼ばれる「白菜」。寒い季節に旬を迎え、やわらかくなって風味を増します。
(2014年12月)
かぶ
原産地はヨーロッパ。日本での歴史は大根よりも古く、奈良時代の昔から栽培されていたそうです。品種によって色や形もさまざまです。
(2011年2月)
柑橘類
温州みかんの旬が終りかける頃になると、いろいろな柑橘類が数多く店頭に出回ります。
(2009年2月)
青菜
緑色の濃い葉野菜を青菜と呼びます。ほうれん草や小松菜は「霜にあたると甘くなる」といわれ、冬の寒さによって甘味が増します。
(2016年1月)

お魚

牡蠣(かき)
日本で最も一般的な牡蠣を「真牡蠣(まがき)」といい、産卵期を迎えて栄養を蓄える9〜4月が食べ頃です。
(2015年11月)
ぶり
こってりとしたうま味と深いコクを楽しめる「ぶり」。真冬の最も脂がのったものは「寒ぶり」と呼ばれて珍重されます。
(2016年12月)
かに
北の海を好み、その大きさやおいしさから「北海の宝」ともいわれる「たらばがに」。「ずわいがに」は、島根県より北の日本海側で多くとれ、特に冬場は美味です。
(2011年12月)
たら
雪の降る季節においしくなるので、魚へんに雪と書いて「鱈(たら)」。白く透きとおった身はまさに雪のような美しさです。
(2017年1月)
さわら
魚偏に春とかいて鰆(さわら)。身がやわらかく、あっさりした味わいで、中でも春まだ浅い寒い頃のものが美味とされます。
(2012年2月)
かれい
あっさりした淡泊な味のかれいは、高たんぱくで低脂肪。
(2008年2月)