ホーム > 食べる > 旬の食材 > ぶり


ぶり

成長とともに呼び名が変わる
出世魚の代表選手「ぶり」

「こってりとしたうま味とコクがある「ぶり」。産卵をひかえたこの時季には特に脂がのっておいしくなり、「寒ぶり」と呼ばれて人気を集めています。「ぶり」は、関東では『わかし→いなだ→わらさ→ぶり』、関西では『つばす→はまち→めじろ→ぶり』などと、成長段階によって名前を変える縁起のよい出世魚です。成長すると体長60センチを超す大きさになるため、お店では切り身で売られていることがほとんど。切り身の場合、背側の身(皮が濃い灰色)と腹側の身(皮が白い色)がありますが、背側では身がしっかりとして上品な味わいを、腹側では身がやわらかくより脂がのったコクのある味わいをそれぞれ楽しめます。

選び方

切り身の場合は、皮に光沢があって血合いの色が鮮やかなもの。身割れがなく、切り口がなめらかで弾力のあるものを選びましょう。

料理

刺身、しゃぶしゃぶ、塩焼き、照り焼き、煮つけ、揚げ物など、幅広い料理で冬の食卓を彩ります。出世魚で縁起がよいことから、お正月の雑煮などにも使われます。

栄養

不飽和脂肪酸であるDHA、EPA、抗酸化作用が期待されるビタミンEが含まれます。血合いの部分にはうま味成分のタウリンも含みます。

料理の基本辞典