エントリー

「届けたいのは、安心」を企業メッセージに、地域のお客さまの日々のいのちと暮らしを守るダイエー。社員に対しても同様に、手厚い休日・休暇、柔軟な勤務スタイル、両立支援など、安心して働ける環境を整えています。そして、SDGsへの取り組み、スマートストアの実現を通して、未来の社会づくりに貢献しています。

自宅から通勤可能

ダイエーでは、関東・近畿エリアで集中的に店舗を展開する「ドミナント戦略」を採用しています。そのため、自宅から通える店舗(勤務先)を見つけやすく、通勤時間が90分以内の店舗への配属を原則としています。希望により自宅から90分以上かかる店舗に配属の場合は、社宅家賃補助制度を活用し、通勤圏の賃貸物件にお住まいいただくことが可能です。

充実した休日・休暇
と勤務制度

年間休日122日は小売業の中でも多く、そのうち20日間は長期休日として取得できます。長期休日の取り方は、年間で10日間の2回、7日・7日・6日間の3回など、4パターンから選べます。また、有給休暇は半日単位でも取得でき、「午前に勤務し、午後は有休」という取得も可能です。さらに、一定期間内で労働時間を調整する変形労働時間制(下記)のため、月の平均残業は9時間と少なめ。このように、ライフスタイルに合わせて柔軟な働き方を実現できる制度が整っています。

変形労働時間制

当社では、ライフスタイルを重視した勤務制度として、変形労働制を導入しています。従業員同士、サポートし合える体制が整っています。

女性も多く活躍中

両立支援制度が充実し、法定を上回る手厚い制度も多くあります。たとえば、育児休職はお子さんが満3歳になるまで継続でき、育児休職後の復職率はほぼ100%です。復職後の時短勤務制度も充実し、結婚・育児の理由によって転宅を伴わない働き方を選択できる「ホームタウン制度」もあります。2019年には厚生労働省より、仕事と家庭の両立支援が進んでいる企業に与えられる「プラチナくるみん」認定を取得しました。両立支援が整っていることもあり、女性社員が多く活躍し、店長、部長などの要職を担う女性社員も増えています。

SDGsへの取り組み

ダイエーは国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標)に寄与する取り組みを行っています。その一つが、食品ロス削減に向けた「フードドライブ活動」です。お客さまがご家庭で食す機会のない食品を店舗で収集し、フードバンクや子ども食堂などに寄贈するという取り組みです。2020年度にはお客さまに約6t(お茶碗4万杯分)のご協力をいただき、農林水産省から「第7回もったいない大賞 審査委員会委員長賞」を受賞しています。

スマートストアの実現

スマートストア化に先進的に取り組んでいることも、ダイエーの魅力です。クーポン配信、デジタルサイネージなどを導入・拡大し、若手社員の発案をきっかけに、スマートフォン上で売り場を検索できる「売場案内アプリ」の運用もスタート。今後、トレイ上のベーカリーをスキャンして決済する「画像認識レジ」、レジを通さずにキャッシュレス決済を可能とする「ウォークスルー決済」、お客さまがスマートフォンで商品スキャンする「レジゴー」などの導入を進め、などの導入を進め、EC事業として「YouTubeショッピング」にも取り組んでいきます。

ダイエー(イオングループ)の仕事や人、働き方、キャリアなどに興味を おもちいただけたら、まずはこちらからエントリーをおねがいいたします。 あなたからのご応募を、あなたとお会いできることを楽しみにしています。

エントリーはこちら