ホーム > 食べる > 旬の食材 > ねぎ


ねぎ

生でも加熱してもおいしい、
どんな料理にも合う万能野菜

「ねぎ」は、主に白い部分を食べる「長ねぎ」と、緑の葉の部分を食べる「青ねぎ」の2種類に大きく分けられます。かつて東日本では「長ねぎ」が、西日本では「青ねぎ」が主流でしたが、現在ではどちらも日本中で広く食べられるようになりました。地方特産のブランドねぎも数多く出まわっており、なかでも京都の「九条ねぎ」、群馬の「下仁田ねぎ」などが人気です。 「長ねぎ」「青ねぎ」ともに1年中出荷されているものの、特に「長ねぎ」は寒さが厳しくなるにつれておいしくなることで知られています。旬のこの時季には生のままサラダにしてもおいしいですが、煮たり焼いたり炒めたりと加熱することでさらに甘味がアップ。じっくりと火を通して、旬のおいしさを余すところなくいただきましょう。

選び方

根元がしまり、白い部分にツヤがあるものを選びましょう。緑の部分は、葉先に向かってみずみずしくピンと伸びたものが新鮮です。

保存

ぬらしたペーパータオルで根元をくるみ、全体を保存袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

下処理

栄養

独特の香りはアリシンという成分。ビタミンB1の吸収を促進し、消化液の分泌を促す働きをもつ成分です。