ホーム > 食べる > 旬の食材 > グリーンアスパラガス


グリーンアスパラガス

空に向かってぐんぐんのびる
生命力あふれる春野菜

葉や枝が出る前の若い芽と茎の部分を食用とする「アスパラガス」。その名の語源は、ギリシャ語でたくさん分かれる∞激しく裂ける≠ニいう意味の「アスパラゴス」とされ、「新芽」をあらわしているそうです。
「アスパラガス」には緑、白、紫色などのさまざまな種類がありますが、国内で出まわっているものの主流は「グリーンアスパラガス」。
発芽後も日光に当てて自然のままに育てたもので、シャキシャキと歯ごたえがよく、ほのかな甘味が感じられるのが特長です。一方、ヨーロッパで春を告げる野菜として愛されているのが「ホワイトアスパラガス」。発芽後に土をかぶせ、日光が当たらないように育てたもので、独特の甘味とほろ苦さがあります。

選び方

茎の切り口に変色がなく、乾燥していないものが新鮮です。緑色が濃くツヤがあり、穂先がしまっているもの、茎が太くまっすぐにのびているものを選びましょう。

保存

湿らせたペーパータオルを切り口に当てて保存袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に立てて保存。成長が早く、かたくなりやすい野菜なので、できるだけ早く食べきりましょう。

料理

素材の味がいきるサラダ、網焼き、バター焼きなどの他、肉、魚介、乳製品などとも相性がよいので炒め物、揚げ物、グラタンもおすすめです。

栄養

アミノ酸の一種で、疲労回復に役立つアスパラギン酸を多く含みます。また、胃にやさしいメチルメチオニンも豊富に含まれます。

料理の基本辞典