ホーム > 食べる > 旬の食材 > 牡蠣(かき)


牡蠣(かき)

潮の香りと奥深い味わい
秋から冬に旬を迎える「牡蠣」

海の岩から"かき落とす"ことから、この名がついたとされる「牡蠣」。日本で最も食べられている種類を「真牡蠣(まがき)」といい、産卵に向けて栄養をたくわえるこの時季においしい旬を迎えます。
「牡蠣」を購入する際に気をつけたいのは、「生食用」と「加熱用」の違いです。「生食用」は、「生食用」としての出荷が認められた指定海域で獲れたもの。水揚げ後、さらに紫外線殺菌された海水で殺菌がおこなわれています。一方、水揚げ後、むきみ加工をしてパック詰めされたものが「加熱用」。「生食用」のように殺菌をしていないので、うま味も栄養もたっぷりそのままです。「牡蠣」を生で食べるときには必ず「生食用」を選び、加熱調理には「加熱用」を充分に加熱していただきましょう。

選び方

むき身はふっくらと盛りあがってハリがあるもの。白い部分に光沢があり、ひだの黒色がはっきりとしているものを選びましょう。

栄養

たんぱく質、必須アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含む低脂肪の食材で、"海のミルク"とも呼ばれています。

料理

風味や食感を生かすために、火を通しすぎないように加熱するのが調理のポイントです。フライや天ぷら、炊き込みご飯、鍋物、グラタンなど、さまざまな料理に使えます。

下処理