ホーム > 食べる > 旬の食材 > あさり


あさり

小さなカラダにうま味ぎっしり
春の二枚貝の代表選手

「あさり」は日本人にとって最もなじみ深い貝です。そのつきあいはとても長く、縄文時代の貝塚から多くの貝殻が発見されたほど。なかには焼いた形跡が残るものもあり、当時すでにいろいろな調理法で食べられていたことがわかっています。
かつては日本中の海辺に数多く生息していた「あさり」。あまりに手軽に獲れることから、魚介類を探し取るという意味の『漁る(あさる)』がその名の由来ともいわれています。産卵に向けて身入りがよくなり、うま味成分が増してもっともおいしくなるのがこの時季。遠浅の砂浜で砂の中の「あさり」を掘る潮干狩りは、家族みんなで楽しめる春の風物詩ですね。

選び方

殻が開いているときに触れると、すばやく閉じるものを選びましょう。むき身の場合はツヤと弾力のあるものが新鮮です。

下処理

料理

貝特有のうま味成分であるコハク酸を含んでおり、だし汁を必要としないほど、うま味が濃い貝です。うま味を生かしたみそ汁やチャウダーなどの汁物、蒸し物、ご飯物、佃煮をはじめ、さまざまな料理に使えます。

栄養

赤血球の働きを助ける鉄分やビタミンB12、肝機能の働きをサポートし、エネルギー代謝を助けるとされるタウリンを含みます。