ホーム > 食べる > 旬の食材 > トマト・ミニトマト


トマト・ミニトマト

真っ赤な顔の「トマト」と「ミニトマト」
子どもたちにも人気の野菜です

中南米のアンデス高地が原産といわれる「トマト」。日本には17世紀頃に観賞用として伝わりました。本格的に栽培がはじめられたのは昭和に入ってからのこと。当初は生食用の大玉タイプが主流でしたが、その後、いろいろな品種が登場。小さくて甘味の強い「ミニトマト」とともに、毎日の食卓に欠かせない野菜になりました。
欧米では、『トマトのあるところに料理下手はいない』といわれます。それは昆布だしと同じうま味成分「グルタミン酸」がたっぷりと含まれているから。「グルタミン酸」は果肉よりも種のまわりのゼリー部分に多いので、料理の際には種を捨てずに丸ごと使うことがおすすめです。

選び方

全体的に丸く、よく色づいていて光沢があるもの。表面がしまり、実がしっかりとしているもの。手に持ったときにずっしりと重いものがおすすめ。ヘタは先端までみずみずしい緑色で、ピンとハリのあるものが新鮮です。

栄養

ビタミンCを含み、抗酸化作用で知られるリコピンも豊富です。リコピンは加熱したり、油といっしょに摂ることで吸収率が高まります。

保存

保存袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存。サッと水洗いしてヘタを取り、保存袋に入れて冷凍保存することもできます。凍ったまま水をかけると簡単に皮がむけるので、カレーやパスタソースなど煮込み料理に便利です。

料理の基本辞典