ホーム > 食べる > 旬の食材 > 牡蠣


牡蠣

牛乳に匹敵するほど高い栄養価
別名海のミルク≠ニ呼ばれる「牡蠣」

日本でもっとも食べられている「牡蠣」は「真牡蠣」という種類で、これから冬にかけて食べ頃の時季を迎えます。旬の「真牡蠣」は、小ぶりながらもうま味が凝縮したクリーミーな味わい。独特の潮の香りと濃厚なうま味が口いっぱいに広がります。
ところで「牡蠣」には「生食用」と「加熱用」がありますが、その違いをご存じですか?「生食用」は、「生食用」としての出荷が認められた指定海域で獲れたもので、水揚げ後、さらに紫外線殺菌された海水を使い、安全に食べられる措置がおこなわれています。一方の「加熱用」は、指定海域以外で獲れたもの。殺菌処理をしていないので、うま味も栄養もたっぷりそのままです。ただし、あくまで「加熱用」ですので、必ず火を通してお召し上がりください。

選び方

むき身はふっくらとしていてハリがあるもの。白い部分に光沢があり、ひだの黒色がはっきりとしているものを選びましょう。

栄養

たんぱく質、必須アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含む低脂肪の食材で、海のミルク≠ニも呼ばれています。

料理

フライや天ぷら、炊き込みご飯、鍋物、グラタンなど、さまざまな料理に使えます。風味や食感を生かすために、火を通しすぎないように加熱するのが調理のポイントです。

料理の基本辞典