ホーム > 食べる > 旬の食材 > 長ねぎ(白ねぎ)


長ねぎ(白ねぎ)

毎日の食卓で大活躍する万能野菜
煮込めば、とろりと甘い味わいに

「ねぎ」には大きく分類すると、おもに白い根元の部分を食べる「根深ねぎ」と、緑の葉の部分を食べる「葉ねぎ」の2種類があります。かつては東日本では「根深ねぎ」が、西日本では「青ねぎ」が主流となっていましたが、現在ではどちらの種類も日本中で広く食べられるようになりました。
白く長くまっすぐにのびる姿が印象的な「根深ねぎ」は、一般には「長ねぎ(白ねぎ)」と呼ばれているもの。太陽が当たらないように土をかぶせ、白い部分が多くなるように育てられたものです。一年中出まわっていますが、その旬は11〜2月の冬の時季。寒さが厳しくなるにつれて肉厚になり、甘味や風味を増していきます。薬味として使用するのはもちろん、生のままサラダ等にするのもおいしいですが、旬の「長ねぎ(白ねぎ)」は加熱調理でいただくのがおすすめ。じっくりと火を通すことで甘くとろりとした口当たりになり、そのおいしさは格別です。

選び方

根元がしまり、白い部分にツヤがあるものを選びましょう。緑の部分は、葉先に向かってみずみずしくピンとのびたものが新鮮です。

栄養

独特の香りはアリシンという成分。ビタミンB1の吸収を促進し、消化液の分泌を促す働きをもつ成分です。

保存

ぬらしたペーパータオルで根元をくるみ、全体を保存袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

料理の基本辞典