ホーム > 食べる > 食の歳時記 > 七五三


七五三

11月15日は「七五三」

千歳飴

11月15日は七五三。三歳、五歳、七歳と成長の節目に、氏神様に参拝して無事成長したことを感謝し、将来の健康と幸せを祈願する行事。もともとは宮中の行事で、三歳で髪をのばしはじめる(男女)「髪置き」、五歳ではじめて袴をつける(男子)「袴着(はかまぎ)」、七歳で帯をつかいはじめる(女子)「帯解き」のお祝いが、明治の頃から今の七五三のかたちになったようです。

11月15日は宣名歴という暦上での鬼宿(きしゅく)日にあたり、この日は鬼が自宅にいるために安心ということで、この日が選ばれていた等の説があるようです。現在では日付けにはあまりこだわらず、前後の休日など各家庭で都合の良い日に行われているようです。

おなじみの千歳飴は細長く延ばした飴で、その製法、形状を“長寿”にかけ、寿の文字や鶴、亀を描いたおめでたい文様の袋に入っています。千歳飴も節分の豆と同様に年の数だけ袋に入れるのがよいとされます。

七五三おすすめメニュー