ホーム > 食べる > 食の歳時記 > 世界の朝ごはん


世界の朝ごはん

世界の朝ごはん

日本にお米とおみそ汁の伝統的な朝食スタイルがあるように、世界にも国や地域によって個性的な朝食があります。その国の食文化がうかがえる、世界の朝食の一例をご紹介します。

世界の朝ごはん

シナモンロール

フィンランドのシナモンロールは、カルダモンパウダーが効いた大人の味。ほろ苦いコーヒーとの相性も抜群です。

インジェラ

独特の酸味と香りのある、クレープのようなパン。さまざまなおかずをのせ、手でちぎりながら食べます。

シャクシュカ

にんにく、玉ねぎ、トマトを炒め、卵を落とせばできあがり。パンをからませながら食べる、イスラエル版目玉焼きです。

ブラジリアン・
ブレックファースト

ブラジルの朝食はコーヒーが中心。濃厚なコーヒーまたはカフェオレに、ブラジル風フランスパン、チーズ、ハム、果物をたっぷり添えていただきます。

おすすめメニュー

ミガス

ミガス

パンを細かくちぎって具材とともに炒めた、いわばパンの炒飯。素朴で温かいスペインのおふくろの味です。

鶏肉のフォー

鶏肉のフォー

ベトナムの朝は屋台で食べるフォーではじまります。きしめんに似た米粉の平たいめんは日本でも大人気。