企業情報ホーム > ニュースリリース > 2014年ニュースリリース


ニュースリリース

2014年4月

調剤待ち時間の短縮・有効活用につながる新しいサービスを
ダイエーがスーパーマーケットの調剤薬局として初めて導入

スマートフォン調剤受付サービス『処方便』の導入について

ダイエーは、2014年4月26日(土)のダイエー港南台店を皮切りに、当社が展開する調剤薬局全店において、くすりの調剤処方箋をインターネットで受け付けし、調剤の完了をメールでお知らせするサービス『処方便』を、スーパーマーケット業界では初めて導入しますので、お知らせいたします。

当社では、好立地を活かし、「身近で、健康・快適な暮らしの実現」にむけて、商品やサービスの強化に取り組んでいます。中でも健康関連においては、調剤併設のドラッグストア拡大に力を入れています。

この度、利便性のさらなる向上を目的に、お客様の暮らしをより快適なものにするサービスとして、 『処方便』を導入いたします。

? お客様がご自身のスマートフォンのカメラで撮影した処方箋画像を、
『EPARK』(※) システムを通じて、当社店舗調剤薬局へ送信
? お客様から送信された処方箋に基づき、調剤を実施し、調剤が完了次第、
お客様にメールで調剤完了を報告
? 完了のメールを受け取ったお客様は、ご自身のご都合に合わせた時間
(調剤薬局営業時間内)に、くすりの受け取りが可能

※『EPARK』は、SGS株式会社(本社 東京都豊島区)が運営するサービスで、インターネットを通じて、
 飲食店や娯楽施設などを対象に、混雑情報の提供や順番予約を受け付けるシステムです。

<『処方便』の導入について>

◆導入スケジュールおよび導入店舗

2014年4月 26日(土) ダイエー港南台店(神奈川県横浜市)より導入開始
5月 1日(木) ダイエーおおとり店(大阪府堺市)
    ダイエー新さっぽろ店(北海道札幌市)
   
・以降、ダイエーの調剤薬局 全33店舗(上記3店舗を含む、現時点の店舗数)に、
 2014年6月中に導入を完了する予定です。
・また、今後新たに開局する調剤薬局には、開局時より導入いたします。

以上