企業情報ホーム > ニュースリリース > 2015年ニュースリリース


ニュースリリース

2015年8月

8月8日(土)に、オープン以来初の大規模改装
『ダイエー麻布十番店』のリニューアルオープンについて

2015年8月8日(土)に、『ダイエー麻布十番店(旧グルメシティ麻布店)』を、30〜40代の働く単身世帯のお客さまをメインターゲットとして、「生鮮・中食商品」「高質・こだわり商品」の品揃え充実により、新たな価値を提案する店舗として、オープン以来初めてとなる大規模リニューアルを実施しますので、お知らせいたします。

ダイエー三宮駅前店 店内の様子

麻布十番店の商圏は、所得水準が高い30〜40代の働く単身者や小世帯家族が多く、また港区は全国でも最多となる81か国の大使館が所在しており、外国人居住者も多いエリアです。

この商圏特性を踏まえ、今回のリニューアルでは、当社が強みとする生鮮・中食商品の充実を図ると同時に、高質・こだわり商品や外国人のお客さまも便利にご利用いただけるサービスを強化します。

<麻布十番店リニューアルの特長>
1. 生鮮・中食商品の強化
  和食人気の高まりから外国人からも支持が高いマグロを「まぐろ屋」としてコーナー化し、 柵売り、刺身から寿司、丼ぶりなどを約20品目展開
  生魚の販売を従来の約2倍に拡大するほか、それら生魚を使用した刺身や寿司を新たに導入
  麻布十番店ならではの商品として、外国人のお客さまから要望が高い「さつま姫牛」の厚切りステーキ肉を品揃え(※日によって取り扱いがない場合があります)
 
2. 高質・こだわり商品の強化
  「さつま姫牛 牛めし重」や「北海道産紅さけ塩焼弁当」など、生鮮部門のバイヤーが素材からこだわって開発した弁当を新たに導入(※日によって取り扱いがない場合があります)
  本場欧州産を中心とした約70品目の高品質なナチュラルチーズと生ハムを展開する「Cheese Life」を導入
  日本各地の珍味を約70品目取り揃えた「晩酌肴処」を導入
  約40品目の豆乳を中心にライスミルクやアーモンドミルクなど、美容・健康効果の高い「スーパーフード」をコーナー化
  ダイエーがおすすめする“ワイン食”の提案として、ピザやグリルのほか、アトランティックサーモンやスモークサーモンなど、約20品目品揃えしたサーモンコーナーを導入
 
3. サービスの強化
  外国人のお客さまのお買いものをサポートするサービスとして、売場案内表示などの店内表示物を日本語と英語併記に変更
  WAONに加え、9月上旬より交通系電子マネーおよび銀聯カードの利用が可能

<店舗概要>

店 名 ダイエー麻布十番店(旧グルメシティ麻布店)
所在地 東京都港区麻布十番2−5
リニューアルオープン日時 2015年8月8日(土)9時(予定)
店長 松下 佳充
売場面積 205坪
店舗URL http://shop.daiei.co.jp/shop/ShopPageTop.do?shopid=0766
フロア構成・
営業時間
フロア フロア構成 営業時間
2階 精肉・加工食品・リカー・冷凍食品・豆腐・納豆・日用消耗品 等 24時間
1階 野菜・果物・鮮魚・牛乳・ヨーグルト・パン・惣菜・弁当・アイスクリーム・花 等

以上