企業情報ホーム > ニュースリリース > 2016年ニュースリリース


ニュースリリース

2016年5月16日

『ダイエー月島店』リニューアルオープンについて

ダイエーは、事業領域を首都圏と京阪神地域に集中し、強みである食を基軸にして、お客さまのライフスタイルに合わせた商品を提供する2つの業態である「フードスタイルストア」と「都市型スーパーマーケット(以下、都市型SM)」を構築することで、業界No.1の総合食品小売業を目指しております。

都市型SMについては、2015年3月に活性化したダイエー西八王子店を皮切りに、2015年度中に16店舗を展開し、多くのお客さまからご支持をいただいており、2016年度はさらに展開を加速させ、約35店舗の活性化を計画しています。

今回、2016年度の首都圏における都市型SMの活性化第1弾として、5月28日(土)に『ダイエー月島店(旧グルメシティ月島店)』を2001年のオープン以来初めて大規模な改装を行い、リニューアルオープンいたします。

同店は、都営大江戸線「月島駅」から徒歩5分に位置しており、周辺はマンション開発などにより人口・世帯数が増加しています。商圏内には特に30〜40代の居住者が多いエリアです。

今回のリニューアルでは、生鮮食品やこだわり商品、簡便性・即食性の高い商品を充実して展開することで、働く女性や単身者、プレシニア層を中心に、お客さまにとって魅力的で便利な店舗を目指します。

※写真はイメージです

鮮魚売場 さつま姫牛売場
鮮魚売場
さつま姫牛売場
リカー売場 簡便性・即食性の高い商品
リカー売場
簡便性・即食性の高い商品
<ダイエー月島店のリニューアルの特長>
  1.生鮮食品やこだわり商品の充実で “料理したくなる売場” を展開
  鮮魚売場は、真空の煮魚や焼魚、健康志向の高いお客さまに最適な減塩の魚卵やちりめんなどを充実させ、従来より取扱品目数を約1.7倍、売場面積を約3倍に拡大。

また、おいしく召し上がっていただける期間を長くするための新しい包装技術を活用した商品を当社で初めて導入。サーモンの切落としや、湯だこのブツ切など8品目を展開。
  生鮮食品やこだわり商品の充実で“料理したくなる売場”を展開
  当社オリジナルの国産黒毛和牛「さつま姫牛」と、豚種にこだわり生産から肥育、出荷まで一貫管理で生産した「さつま王豚」を集約して展開。
  リカー売場を約1.2倍に拡大し、当社限定の肉専用のワイン「29 Twenty-Nine」など、料理に合ったお酒を充実。また、ワインに合う本場欧州産を中心としたナチュラルチーズを約60品目取り揃えた「Cheese Life」を新たに展開。
     
  2.手軽で便利な商品・サービスで “ちょっと買い” にも対応
  「5種具材のビビンバ丼」など、いろいろな種類をたくさん食べたいというお客さまに最適な、小規格のどんぶり「Choco丼」4品目を新たに展開。また、サラダとごはんを混ぜて召し上がる「Salad×ライス」や、旬の果実を使用したカットフルーツなど、単身者や働く女性のご要望にお応えした簡便性・即食性の高い商品を充実。
  朝の通勤前や仕事帰りのほか、観光の際にも気軽にご利用いただける1杯100円のコーヒーサーバーを新たに設置。
 
<『ダイエー月島店』リニューアルオープン日時>
  2016年5月28日(土)9時
 
<店舗概要>
 
店 名 ダイエー月島店(旧グルメシティ月島店)
所在地 東京都中央区月島3-4-5-101
店 長 櫻庭 孝(さくらば たかし)
営業時間 24時間
売場面積 146坪
店舗URL http://shop.daiei.co.jp/shop/ShopPageTop.do?shopid=0769
フロア構成
フロア フロア構成
2階 加工食品・リカー・日用消耗品 等
1階 生鮮食品・ベーカリー・デリカ 等

以上