企業情報ホーム > ニュースリリース > 2011年ニュースリリース


ニュースリリース

2011年2月

約10年ぶりに「快適・便利」な店舗をめざし大幅リニューアル!
『ダイエー仙台店』全館改装オープンのお知らせ

このたび、『ダイエー仙台店』(宮城県仙台市)では、3月3日(木)に全館改装オープンすることになりましたので、お知らせいたします。

『ダイエー仙台店』は、東北地方における経済、行政、学術・文化の中枢都市として発展した仙台市の中心部に位置し、JRや地下鉄、バスなどの交通の利便性が高く、周辺は大型百貨店やファッションビルなどが集中する中心街に立地しています。

1975年のオープン以来、食品・生活関連必需品からファッショナブルな商品まで幅広い品揃えで、35年の間、地域のお客様の日々の生活を支える拠点店舗として、幅広い年代のお客様よりご支持いただいてまいりました。

店を取り巻く商圏は、学生や会社員など20代〜30代を中心とした単身者や小世帯が数多く居住されており、また、商業施設が集中する消費経済の中心地であることから、ファッションなどの関心が高い20代未満の若い世代が多数、訪れるエリアでもあります。このような環境をふまえ、長年ご愛顧いただいている、団塊世代の有職主婦のお客様に加え、さらに団塊ジュニア世代にあたる30代の有職主婦の方や単身者のお客様にむけて、駅前立地の利便性を最大限活かし、「快適で便利な暮らしのお手伝い」ができる店舗をめざし、この度、約10年ぶりに大きく生まれ変わります。

ダイエーでは、今後もお客様のご要望ひとつひとつに丁寧にお応えし、店舗規模や地域特性に合わせて店舗環境を再構築することで、さらに地域のお客様に愛される店づくりを目指してまいります。

1. 改装オープン日 2011年 3月 3日(木)午前9時 オープン
2. 改装のポイント
  (1)お客様のライフスタイル、こだわり、利便性に対応した品揃えや売場の提案
  気軽に“おしゃれ”や“美容・健康”を楽しんでいただける、働く女性をターゲットにした「ライフスタイル」の提案
  ・ヘルス&ビューティケア売場の集約拡大
     近年は、美容に加え、お客様ご自身での健康管理そのものへの関心が高いことから、化粧品・美容関連商品売場と医薬品売場を隣接させて、「美と健康」を切り口にした売場に生まれ変わります。
 特に、“働く女性”をターゲットに、「普段使い」の商品を中心に、セルフ化粧品売場を1.5倍拡大し、「目新しさ」や「リラックス・癒し」といったお客様のライフスタイルに即した品揃えが特徴のビューティ売場「ペルメルハウス」が登場します。また、健康食品売場を配置し、美容や健康管理などをテーマにした情報発信コーナーも展開します。
 
  ・流行を取り入れた「レディスレッグ」売場は約2.5倍に拡大。品揃えもさらに充実
     ダイエー開発商品『Lollipop(ロリポップ)』のフットカバーやレッグカバー、レギンス、トレンカ等を扱い、約2.5倍の売場面積に拡大した「ファッションレッグ」売場を展開します。お好きなコーディネートで足元のおしゃれを楽しんでいただける、豊富なデザインとカラーバリエーションが特徴です。
 
  ・「コーディネート」を切り口にした、「トラベルブランド」の新規展開
     モデルで、旅の達人としても活躍されている浜島直子さんとコラボレーションしたブランド「Porte Blanche(ポルトブランシュ)」では、小型キャリーケースやトートバッグ、帽子、ストール、バックインバックなど、各々のアイテムで自由にコーディネートすることができる、新しいトラベルコーナーを展開します。
 
  ・レディス衣料品では、「コーディネート」と「機能性」を切り口にした、ダイエー開発商品2ブランドを新規展開
     30〜40代の女性をターゲットに、1着、1着の商品をお客様のライフスタイルに合わせてカジュアルスタイルでもエレガンススタイルとしても、自由にコーディネートしていただける、「PIECE PACE(ピースペイス)」と「吸水速乾+消臭」「吸水速乾+UV」などの機能素材を用いて、快適な着心地や美しいシルエットを引き出すデザインにこだわった、レディストップス(カーディガンやカットソー、シャツなど)を扱う「+F(プラス エフ)」の2つのレディス新ブランドを品揃えしています。
 
  ・「スポーツ&シューズ」売場の新規導入
     日常生活において運動を気軽に楽しむお客様が増える中で、「デイリースポーツをテーマに、「トレッキング」「ウォーキング」「ランニング」等のウェアやシューズをレディス売場にて展開します。
 
  “快適な暮らし”をテーマにした「ライフスタイル」売場の提案
    生活シーンを提案する「ホームファッションストア」の展開
     日々の暮らしを「寛ぐ」(=リビング)、「眠る」=(ベディング)、の2つの空間分類と「飾る」(=デコラティブ)、「収納する」(=ストレイジ)の2つの動作分類で売場を再編集することで、お客様が買いやすく、選びやすい売場に生まれ変わります。
 また、商品では、カバーリング・クッションの売場を従来の1.5倍に拡大し、品揃えを充実させています。
 
    書籍専門店「アシーネ」が新たに出店
     主要顧客が有職主婦の方が中心であることから、料理や趣味、美容・健康などの生活実用書やエッセイなどの品揃えを充実。また文房具や雑貨(デザイン文具、和小物)などの関連商品も取り扱い、「書店」が提案する文具(雑貨)コーナーを展開します。
 また、快適な買物空間をご提供するために、テーブルや椅子を2箇所に設置し、女性向け書籍コーナーのレストスペースにはコーヒーサーバーも設置しています。
 
  食品では、「地産地消」「簡便」「個食」をテーマにした品揃え
    「顔のみえる野菜」や宮城県産黒毛和牛、牛たん、石巻港から水揚げされる産地直送の鮮魚、宮城県白石市にある山田乳業の牛乳や老舗の上村商店の豆腐、調味料や地酒など、地場商品の品揃えを強化します。
    デリカ・中食売場のスペースを拡大し、合わせて焼き魚や刺身、仙台味噌を使用した味噌漬の切身魚・豚肉等、調理も簡単ですぐに召し上がっていただける、即食性・簡便性の高い商品の品揃えを充実します。
    必要なものを、必要な量だけお買い上げいただけるよう、小分け、小規格、バラ売りを徹底し、利便性を向上させます。使いきりパックの生肉やカットフルーツ、飲み切り飲料、個食デザート、ミニカップ麺や小容量ワイン、少量米、サラダや惣菜の個食パック、フライ、天ぷらのバラ売りなど、お客様の適量に合わせて販売します。
 
  (2)環境負荷低減への取組み
     当社は、国際標準化機構(ISO)の環境マネジメントシステムに関する国際規格である、「ISO14001」の認証を2009年10月に取得し、全社をあげて、「電力の使用量削減」、「紙の排出量削減」、「包装資材の削減」等に取り組むことで、環境負荷の低減をはかり、人にやさしく、社会・環境保全に貢献し続ける企業を目指しております。
 仙台店では2009年1月に仙台市・市民団体とレジ袋削減に関する協定を締結し、2009年2月より食品売場でのレジ袋有料化に取り組むなど、積極的な環境保全活動を行ってまいりました。
 今回の改装では、天井基本照明(直管の蛍光灯2灯式)を「高効率反射板付き照明器具(1灯式)」に切替えるほか、生鮮売場や衣料品売場で使用している、ハロゲンランプタイプの演出用スポット照明をLEDタイプに切り替えることで、電力使用量の削減を図ります。
 これらの取組みを行うことで、従来と同等の明るさ感をより少ない消費電力で実現し、年間のCO2排出量約625t−CO2を削減する予定です。
 
3. 『ダイエー仙台店』概要
  ・店 名 ダイエー仙台店
  ・オープン日 1975年 9月 9日
  ・店 長 芝村 浩三
  ・所在地 宮城県仙台市青葉区中央2−3−6
  ・営業時間 通常 9:30〜22:00
 ※一部売場、専門店は営業時間が異なります。
 ※2/27(日)〜3/2日(水)までは改装工事のため休業
  ・建物構造 地下2階、地上8階
  ・売場面積 19,451?
  ・店舗ホームページ http://shop.daiei.co.jp/shop/ShopPageTop.do?shopid=0285

【フロア構成】


  フロアコンセプト 直営・専門店
8階 〜憩いのフロア〜 アシーネ(書籍)、ビッグボーイ(ファミリーレストラン)など
7階 〜趣味のフロア〜 マブチ(手芸専門店)など
6階 〜ホームファッションのフロア〜 サイクル、ホームファッション、文具
PET WITH(ペット)
らんらんらんど(アミューズメント) など
5階 〜紳士のフロア〜 紳士衣料、インナー、スポーツ、靴
ロベルト(ビジネス専門店)など
4階 〜キッズ・婦人インナーのフロア〜 婦人インナー、子ども衣料、玩具など
3階 〜レディス(ミセス)のフロア〜 婦人衣料、婦人フォーマルウェアなど
ロベリア(ミセス)
2階 〜レディス(ミッシー・ヤング)のフロア〜 婦人衣料、靴、バッグ、雑貨など
マルシェ(雑貨)
1階 〜婦人雑貨とHBCのフロア〜 化粧品、医薬品、美容関連用品
服飾雑貨など
B1階 〜酒・日用消耗品・日用雑貨.花・園芸用品
ペット用品、フードコートのフロア〜
酒、日用消耗品、洗濯清掃用品、ペットフード、
台所用品、花・園芸用品など
フードコート
B2階 〜食品のフロア〜 生鮮食品(野菜、肉、魚)、惣菜
一般食品など

以上