ホーム > 食べる > 旬の食材 > するめいか


するめいか

日本近海で獲れるいかの中で漁獲量ナンバーワン

日本で獲れるいかは100種類以上ありますが、その中で最も漁獲量が多いのが「するめいか」です。結納品や大相撲の供え物に使われるなど、縁起物としても大活躍。飲食店では縁起をかついで“するめ(擦るめ)”ではなく、“あたりめ(当たりめ)”とも呼ばれます。

選び方

胴は黒褐色でツヤ良く透明感があり、ハリと弾力があって傷がないもの。目が黒くて盛りあがったものが新鮮です。

料理の基本辞典

栄養

たんぱく質を豊富に含む、低脂肪の食材です。コレステロールの消費を助けるタウリンの他、DHAやEPAも多く含みます。

料理

焼き物、煮物、炒め物、揚げ物など、和・洋・中のこだわりなく、さまざまな料理に利用できます。新鮮なものは刺身やマリネなどにおすすめです。