ホーム > 食べる > 旬の食材 > さば


さば

産卵をひかえたこの時季は
脂がのった格別の味

古くから日本人になじみの深い「さば」。飛鳥時代にはすでに「塩さば」のような加工技術があったとされ、沿岸部だけでなく山間部に暮らす人々にも広く食べられていたそうです。福井県の若狭地方では水揚げされた「さば」を塩でしめ、行商人が担いで京都まで運んだのだとか。若狭から京都へとつづく道は、今も「鯖街道」として知られています。
ところで、『秋さばは嫁に食わすな』という言葉。これは嫁いびりをする姑根性を表しているとも、いくらおいしくても「さば」の強い脂でお嫁さんが食あたりをおこしてはいけないという意味だともいわれます。いずれにしろ、「秋さば」が格別であることは間違いないようですね。

選び方

目が澄んでいて、えらが鮮やかな紅色のもの。表面の模様がはっきりしていて、身がしまっているものが新鮮です。切り身の場合は、身割れをしていないものを選びましょう。

栄養

良質な脂質とDHA、EPAを含みます。カルシウムの吸収を助けるビタミンDも含みます。

料理

焼き物や煮物、揚げ物(から揚げ、フライ)などにおすすめ。香味野菜やハーブ、香辛料で豊かな風味を加えたり、酢、みそ、しょうゆ、トマト、カレー粉などでしっかりした味つけに仕上げると、苦手な方でも食べやすくなります。

料理の基本辞典