ホーム > 食べる > 食の歳時記 > 冬至


冬至

かぼちゃ冬至は一年中で昼が一番短く夜が長い日で、今年は12月22日です。冬至には浴槽にゆずを浮かべてゆず湯に入り、かぼちゃを食べる習わしがあります。そうすると厄除けになり、病気にならないと言われているのですが、実際、かぼちゃにはカロテンなどのビタミン類が豊富に含まれており、粘膜を保護する効果があるので、寒さが厳しく風邪などをひきやすい冬には貴重な食材です。

ゆず湯は、湯につかって病を治す〜湯治(とうじ)にかけて、ゆずには融通が利くようにと願いが込められており江戸時代の庶民から生まれた習わしだそうです。ただの語呂合わせのようにも聞こえますが、ゆずに含まれる成分には新陳代謝を活発にして血管を拡張させて血行を促進し、からだをあたためる効果があるのです。

科学的な事実が証明されていない時代にも人々は生活の中から確かな知恵を生み出し、その知恵はきちんと今に受け継がれているのですね。

かぼちゃを使ったメニューいろいろ