HOME > 食べる > 料理の知恵袋 > 料理の基本 > ヨーグルト


ヨーグルト

おいしく食べて、おなかの中からキレイに! ヨーグルト ヒヨコ先生のプロフィールはこちら

Q:春先になると何かと話題のヨーグルト。おいしい食べ方教えてください! A:そのまま食べたり、ジャムを混ぜたり、ドレッシングやその他の料理に使ったり。ヨーグルトはおいしくてヘルシー、その上とても便利な食材なのです。
ヨーグルトの種類

ヨーグルトは乳製品に乳酸菌を加えて発酵させたもの。
「ビフィズス菌」など様々な乳酸菌類が使用され、食感、酸味などの違いを生み出します。

ヨーグルトのおいしい食べ方

毎日適量を食べると、腸内環境改善の助けに。お菓子や料理に加えれば、無駄なく飽きないのでおすすめです。

果物と~ヨーグルトドリンクやデザートとして

●いちご、柿、柑橘類など:
ビタミンCを補うことができます。

●レモン、オレンジなど柑橘類:
カルシウムの吸収を助けるクエン酸を含みます。

●バナナ:
腸内のビフィズス菌の餌になるオリゴ糖を含みます。

●キウイ、パイナップル:
たんぱく質分解酵素を含みます。食べる直前に加えましょう。

野菜・ドライフルーツ・シリアルなどと~サラダや軽食として

食物繊維と組み合わせれば、便通をととのえる助けになります。

お肉を漬け込むと臭みを抑えて、しっとり仕上がります。水きりして生クリーム、サワークリームの代わりにも使えるんですよ。いろいろな使い方ができるんですね~

さあ、作ってみよう!

あっさりおいしいドリンクに!ハジメさんレシピ

ヨーグルトドリンク2種

飲むヨーグルトをお手軽に

ヨーグルトドリンク2種

水きりをしてデザートに!ひよ子さんレシピ

ヨーグルトの簡単デザート

手間をかけずに時間をかけてまろやかに

ヨーグルトの簡単デザート

サラダによく合うドレッシングに!ヒヨコ先生レシピ

ヨーグルトドレッシング

さわやかな酸味が野菜の味を引き立てる

ヨーグルトドレッシング