HOME > 食べる > 料理の知恵袋 > 料理の基本 > 豆乳


豆乳

飲み物にも料理にも使える!!豆乳 ヒヨコ先生のプロフィールはこちら

Q:近頃人気の豆乳ってどんなふうに使ったらいいの? A:大豆を水に浸け、すりつぶして絞り、加熱したものが豆乳です。そのまま飲むこともできるし、いろいろな料理に使うこともできますよ。
豆乳の種類

大豆のままより消化吸収がよく、栄養をムダなくとれる豆乳。
いろいろな種類があるので、用途に応じて上手に使い分けましょう。

豆乳(無調整豆乳)うま味と風味がしっかり

大豆と水だけで作られています。
大豆本来の味が生きています。

調製豆乳やさしいあじわい

油脂や砂糖などを加えたものです。
スープやソースに、また、みそ汁などに加えるとコクが増します。

豆乳飲料そのままで飲みやすい

豆乳に果汁など様々な飲料を加えたものです。
そのまま飲むほか、デザート作りにも向いています。

教えて!豆乳の上手な使い方
Q:開封後の賞味期限が短いのはどうして? A:空気に触れるとどうしても傷みやすくなります。開封後は賞味期限にかかわらず、冷蔵室で保存して2~3日中に使いきりましょう。
Q:料理に使うときに気をつけることは? A:酢やレモンなど酸味の強いものと合わせたり、長時間加熱しすぎると、たんぱく質がかたまって水分と分離しやすくなるので注意しましょう。
Q:どんな料理に使えるの? A:グラタン、スープやシチュー、パスタソースやリゾットに。プリン、ゼリーなどおやつ作りにも使えます。また、しゃぶしゃぶや寄せ鍋などの鍋つゆやみそ汁にもおすすめ。

さあ、作ってみよう!

初心者向けにはじめの一歩 ハジメさんレシピ

豆乳カフェモカ

豆乳を使った簡単ドリンク

豆乳カフェモカ

慣れてきたらステップアップ!ひよ子さんレシピ

じゃがいもの豆乳ポタージュ

まろやかなあじわいのスープに

じゃがいもの豆乳ポタージュ

いつものホットケーキがもっちり ヒヨコ先生レシピ

豆乳ホットケーキ

軽い口あたり、ふんわり焼き上がります

豆乳ホットケーキ