お客様に安心してお買い物いただくために

daiei

いわしの基本情報

いわし

梅雨どきの「入梅いわし」はうま味たっぷり、脂がのった格別な味。

海に隣接する世界中の国々で、重要なたんぱく源とされてきた「いわし」。日本でも安価でおいしい庶民の味として古くから親しまれ、江戸時代の人気おかずランキング『日用倹約料理仕方角力番付』では、「めざしいわし」が魚のおかずの最高位(大関)に輝いていたほどです。煮る、焼く、揚げるなど、さまざまな料理で愛される「いわし」。なめろう、さんが焼き、ごま漬け、へしこ、つみれ汁など、個性豊かな郷土料理も各地に伝わっています。
「いわし」の種類は真いわし、かたくちいわし、うるめいわしの大きく3種類に分けられますが、一般的に「いわし」といえば真いわしのこと。なかでも梅雨どきに水揚げされるものを「入梅いわし」「梅雨いわし」といい、産卵前で脂がのったその味わいが大変人気です。

選び方

目が黒く澄んでいて、身にハリがあり、腹がしっかりとしているもの、背の青みに光沢があるものを選びましょう。特にうろこがたくさんついているもの、真いわしの場合はカラダの斑点が鮮やかなものは新鮮です。

栄養

多価不飽和脂肪酸であるDHA、EPAが含まれます。カルシウムも多く、さらにカルシウムの吸収を助けるビタミンDも含まれることから、“泳ぐカルシウム”とも呼ばれています。

料理

煮物(煮つけ、梅煮、しょうが煮、オイル煮、トマト煮)、焼き物(塩焼き、漬け焼き、ムニエル)、揚げ物(フライ、天ぷら、南蛮漬け)のほか、つみれにして鍋物やみそ汁、吸い物の具に使うなど、幅広い料理で楽しめます。

料理の基本辞典