ホーム > 食べる > 旬の食材 > ぶどう


ぶどう

人気の品種いろいろ
食べくらべを楽しんでみて

りんご、ざくろなどとともに、世界最古の果物とされる「ぶどう」。原産地であるコーカサス地方や力スピ海沿岸では、約5000年以上も前からぶどう栽培がおこなわれていました。古代エジプトではぶどうを用いたワイン作りも盛んで、その様子は壁画にも残されています。
「ぶどう」は現在でも世界中の国々で生産されており、その品種はじつに1万種以上。世界でもっとも多く栽培されている果物といわれます。世界のぶどう生産量の約8割がワインの原料であるのに対し、日本では約8割が生食用。ぶどうの王様といわれる「巨峰」や「マスカット」が有名ですが、最近では種なしで皮ごと食べられる品種も人気です。

選び方

ツルが緑色で太く、実が軸にしっかりとついているもの。粒がそろっていてハリがあるものを選びましょう。

栄養

エネルギー源となるぶどう糖、果糖などの糖質が主成分。皮や種にはポリフェノールが多く含まれます。巨峰のような紫色の食べ物は日本人に不足しがち。積極的に食べたいもののひとつです。

保存

保存袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存し、できるだけ早めに食べきりましょう。生のまま冷凍したり、加熱してジャムなどにするのもおすすめです。

料理の基本辞典