ホーム > 食べる > 食の歳時記 > カラダに地球にやさしい食エコ!


カラダに地球にやさしい食エコ!

秋の連休は、環境についてゆっくりと考えてみませんか?

1992年、国連環境開発会議の開催をきっかけに、エコ活動は世界的に拡がっていきました。それより2年早い1990年にダイエーは社内で資源プロジェクトを開始、以来店頭での資源リサイクルを始め、様々な環境保護活動に取り組んできました。

現在の地球環境はかなり深刻な状態です。環境を守るためには私たち誰もが、できることから始めなければいけません。たとえば毎日の食生活を見直すこと。産地が近い食材や国産の食材を選ぶことで日本の食料自給率が上がれば農地の再生にもつながり、緑も増え、CO2を削減することになるのです。

食を知り、考え、いつくしみ、楽しみ、くりかえすことが環境を保つことに役立ち、毎日の暮らしをもっと豊かにしてくれる、それがダイエーの考える食エコ!。一年の中でも、季節の実りに一番恵まれた秋、楽しく、おいしい食エコ!を始めましょう。

食エコ!

生活の基本である毎日の食事から、カラダに地球にやさしいことを始めませんか。食から始めるエコロジー、名づけて「食エコ!」。毎日の食生活の工夫でCO2を削減しましょう。

食エコ!ポイント

食エコ!ポイント1

旬のものを中心に食材を選ぶ

おいしくて価格も手頃な旬の食材には、その季節ごとに必要な栄養が備わっています。生産時に余計なエネルギーもかからないから、地球にもやさしいのです。

食エコ!ポイント2

調理の工夫でエネルギーや食材の無駄を抑える

食材を使い切る。セール時に、まとめ買いして作り置きをする。調理済み素材を使って手間とエネルギーを省く。電子レンジでの下ごしらえ、鍋ひとつでの調理など。様々な工夫で使用エネルギーや出費の無駄を抑えることができます。

食エコ!ポイント3

国産、地元の食材を活用

産地から消費地まで時間がかからないから鮮度もよく、フードマイレージの削減につながって食糧自給率もアップ!

公式サイトであなたの食料自給率を計算してみよう!

秋の連休には食エコ!料理をみんなで楽しもう!

食エコ!ポイント 旬の素材をエネルギー効率のよい蒸し料理で

鮭のちゃんちゃん蒸し

旬の鮭のうまみが、
たっぷり野菜にじわっとしみこみます

鮭のちゃんちゃん蒸し

食エコ!ポイント ちょっとだけ余った素材も使い切るチャンス

気まぐれ寄せ鍋

切り方の工夫、野菜の歯ごたえで
全くちがうおいしさに

気まぐれ寄せ鍋

食エコ!ポイント 調理器具ひとつ!素材を入れて炊き上げるだけ

ホットプレートで作るカレーパエリア

みんなが集まる日にうれしい
簡単、ゴージャスな一品

ホットプレートで作るカレーパエリア

食エコ!ポイント 旬のきのこを鍋料理で

きのこたっぷり肉豆腐

敬老の日にもおすすめ、
野菜たっぷりのすきやき風

きのこたっぷり肉豆腐

食エコ!ポイント 調理済素材を賢く利用!

ミニミニおはぎ

お彼岸に
ひと口サイズの伝統食!

ミニミニおはぎ

食エコ!ポイント バラ売り野菜を活用!

じゃがいものサブジ風

カレーの辛みが大人のおいしさ、
子供用にはカレー粉を控えめに

じゃがいものサブジ風

食エコ!メモ

バラ売り活用で食材も、包装資材も無駄なく。

食材はムダ無く、まるごと使い切ろう。

店頭で食品トレー等を回収しています。

野菜をかしこく保存してエネルギーと電気代を節約

ご存じですか?フードマイレージと食料自給率

マイバッグ&マイバスケットを利用しましょう

詰め替え商品を利用しよう

食エコ!代表、簡単鍋

地産地消でエコ料理