ホームVegetable/Fish

Vegetable/FishVegetable/Fish

今が旬。枝豆
今が旬。枝豆

畑の肉といわれる大豆と同様、栄養価の高い「枝豆」
冷えたビールによく合う、夏のおつまみの定番。
太陽がさんさんと降りそそぐ7月〜9月、「枝豆」は旬を迎えます。

選び方

さやの色が濃く鮮やかで、表面に傷がなく、うぶ毛が充分についているものがおすすめです。枝つきの場合はさやが密生し、葉や茎が色鮮やかでみずみずしいものが良質です。

栄養

ビタミンB1、カリウム、食物繊維、鉄分を含む栄養価の高い野菜です。たんぱく質を構成する成分で、肝機能を助ける働きが期待されるメチオニンも含みます。

保存

なるべく早くゆでて、冷蔵室で保存を。冷凍保存する場合は、かためにゆでて冷凍し、食べる直前に再びサッとゆでるのがおすすめです。

枝豆のおいしいゆで方

料理の基本辞典

枝豆のおすすめメニュー

今楽しむならこのお花♪

スパティフラム
スパティフラム

清楚ですらっとした花と光沢があるグリーンの葉のコントラストが美しく、観葉植物として親しまれています。花は表面がいぼいぼした棒状の肉穂花序と、それを包む花びらのような仏炎苞からなります。
柔らかい日差しを好む植物で、春~秋は水をたっぷりとやります、寒さに弱いので、冬は室内で管理するようにします。

☆花言葉:「包み込む愛」「上品な淑女」「清純な心」

ポーチュラカ
ポーチュラカ

毎年花を咲かせる多年草で、夏の炎天下でもめげずに生長して開花するので、夏花壇の定番として普及しています。
葉にはたっぷり水分が蓄えられ暑さや乾燥には非常に強いですがその反面、耐寒性はありません。高温でやや乾燥気味の環境を好みます。曇りの日や日陰など日の当たらないときは花が開きません。

☆花言葉:「無邪気」「いつも元気」

ランタナ
ランタナ

花色が変化するのが特徴で、基本種は咲き始めがオレンジ色で徐々に赤色に変化していきます。それ以外に黄色→オレンジ、ピンク→クリーム、白→クリームなどに変化する種もあり、その様子からシチヘンゲ(七変化)の別名があります。
日当たりの良い場所を好みます。肥料はさほど要りません。

☆花言葉:「心変わり」「確かな計画性」

※店舗により取扱いがない場合がございます。

旬のフルーツはこちら

巨峰
巨峰

巨峰は酸味と甘味のバランスがよく、濃厚でこくのある味わいで長年にわたって人気の高いぶどうです。

シャインマスカット
シャインマスカット

美しいエメラルドグリーンが目を引くシャインマスカットは2006年に品種登録された新しい品種のぶどうです。パリっとした歯ごたえ、果汁が豊富で上品な甘味と芳香をもち、皮ごと食べられるのが特長です。

幸水梨
幸水梨

甘味がつよく果汁も豊富で、なめらかな口当たりが人気の品種です。

※店舗により取扱いがない場合がございます。

HOT TOPICS

Juice Bar(ジュース バー)

お買物帰りやお仕事帰りにぜひお寄りください。疲れた気分もリフレッシュ♪

【取扱店舗】
いちかわコルトンプラザ店赤羽店神戸三宮店

Juice Bar
EXTRA COOL COCONUT WATER
今が旬。レタス
今が旬。レタス

脂がのった「さんま」こそ、秋の訪れを告げる味わいです
秋の気配がしてくると、いよいよ「さんま」のおいしい季節。
香ばしく焼ける香りが食欲をおおいに刺激します。

選び方

目が黒く澄み、背は黒紫色、腹は銀白色で全体に光沢があり、胴が太っていてハリのあるものを選びましょう。特に口の先が黄色いものは新鮮で、味のよい目安とされています。

栄養

良質なたんぱく質、EPA、DHAなどの多価不飽和脂肪酸、カルシウムの吸収を助けるビタミンDを多く含みます。

料理

一尾丸ごと塩焼きに、ワタ(内臓)を利用してとも焼きに、三枚におろして蒲焼きにと焼き物をはじめ、煮物、揚げ物、炊き込みご飯や混ぜご飯など、多彩な料理で楽しめます。洋食にも使いやすく、トマトやバルサミコ酢のうま味や風味とも相性抜群です。

さんまの塩焼き(グリルの場合)

料理の基本辞典

さんまのおすすめメニュー

手巻き寿司

アイディア具材&おすすめ具材

旬の食材するめいかを納豆と一緒に!
イカ納豆

イカ納豆

ダイエーのさつま姫牛がおすすめです♪
ローストビーフ

ローストビーフ

ちょっと豪華にしたいなら♪
うなぎ

うなぎ

余ったお惣菜をそのまま活用♪
ポテトサラダ

ポテトサラダ

女性に人気のアボカドはお寿司と相性抜群!
アボカドサーモン

アボカドサーモン

手巻き寿司のおすすめメニュー

店舗検索はこちら
ネットスーパーはこちら