HOME > 食べる > 料理の知恵袋 > 料理の基本 > おすしの基本


おすしの基本

料理の基本 がんばれ受験生! 煮込みうどん

春のうれしい日は、手作りのおすしで。

すし酢とは酢、砂糖、塩を合わせた「合わせ酢」のこと。味の加減によって具材との相性も変わります。素材に合わせたすし酢で、よりおいしいおすしを作ってみませんか?

さっぱりタイプ

しっかりタイプ

酢 大さじ3 / 砂糖 大さじ3 / 塩 小さじ1と1/3
※米2カップに対する分量

酢 大さじ3と1/3 / 砂糖 大さじ4 / 塩 小さじ1と1/3
※米2カップに対する分量

おいしいすし飯の作り方

米・水 各2カップ / 酒 大さじ2 / だし昆布(5㎝角)1枚

米はややかために炊く。

炊きたてのうちに、すし酢とあわせる。

粘り気を出さないよう、ご飯は切るように混ぜ合わせること。

すし飯に風を送って蒸気を飛ばす。

おすすめメニュー

さっぱりタイプのすし飯で作りましょう

春の彩りちらし

うれしい日には、目にも鮮やかなちらしずし

春の彩りちらし

しっかりタイプのすし飯で作りましょう

海鮮ずし

まるでお寿司やさんのおいしさ

海鮮ずし

箱形ケーキずし

牛乳パックでラクラクデコレーション

箱形ケーキずし

●箱形ケーキずしの作り方

(1)半量のすし飯を詰める。

(2)サーモンを広げてのせる。

(3)牛乳パックの底などで、しっかり押さえる。

※牛乳パックの型・・・開け口からはさみを入れ、上になる面を切り取って開け口をテープでとめる。

すし酢の利用法すし酢は作り置きでき、いつでもサッと使えて便利。
酢の物、サラダ、ピクルス、炒め物、煮物などにも利用できます。