HOME > 食べる > 旬の食材 > 新じゃがいも


新じゃがいも

皮までおいしく食べられる
みずみずしい味わい

通常の「じゃがいも」は、収穫後に貯蔵してから出荷されます。この貯蔵期間のあいだに熟成し、でんぷんの含有量が増えることで、「じゃがいも」特有のほくほくとした食感が楽しめるようになるのです。
一方、「新じゃがいも」は、貯蔵期間をもうけずに出荷されたもの。ころころと丸いピンポン玉ほどの大きさで、穫れたてならではのみずみずしさが魅力です。皮も薄くてやわらかいので、皮つきのままの調理にも向いています。

選び方

凹凸が少なく均一な形で、表面に色ムラやキズ、シワがないもの。ハリがあり、芽が出ていないものを選びましょう。

栄養

通常のじゃがいもと同様、ビタミンCが豊富。皮が薄い新じゃがいもは、皮ごと食べることで食物繊維も効果的に摂ることができます。

保存

新じゃがいもは収穫してすぐに出荷されるため、水分が多いのが特徴。通常のじゃがいもよりも保存がきかないので、なるべく早めに食べきりましょう。食べきれない分は新聞紙にくるみ、冷暗所で保存します。